連載
» 2021年02月09日 10時00分 公開

BIM導入のメリットを検証する「大和ハウスグループチームの連携事業」Vol.1BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(13)(5/5 ページ)

[伊藤久晴(大和ハウス工業 技術本部 建設デジタル推進部 次長),BUILT]
前のページへ 1|2|3|4|5       

フジタと実践でBIMデータ連携を実現

 「設計・施工などのプロセスを横断してBIMを活用する」ためには、BIMデータの連携が重要となる。下記は、設計〜施工〜維持管理のデータで必要となる連携を記載した「全方位BIM連携図」である。当社とフジタとは、既にBIM標準が共通化されており、同じテンプレートやファミリを使って作業ができる環境が整えられている。そのため、設計・施工間のBIM連携がシームレスに行われた。ただ、実際にBIMで両社の連携をしたことがなかったので、連携によって顕在化した問題点など浮き彫りにすることができた。

 また、連携の結果としては、事前にルールを決めて、施工図に対応した設計図を前倒しで用意することにより、施工図の作成時間を大幅に短縮できるなどの効果が確認された。

全方位BIM連携図

 今回の連携事業で作成した図面を下図に示した。全て新規に作成した図面である。

連携事業で作成した図面と枚数

 工場での鉄骨製作図の枚数が多くなったのは、鉄骨部材の単品図などまで細かく作成したためである。一方で、施工図が少なくて済んだのは、時間の関係上、全ての施工図は作らず、代表的な施工図を作成し、同じ手順で作成する施工図は作業時間をそこから類推したからだ。鉄骨製作図・施工図ともに、設計と施工のBIM連携がどのように行われるかの考察を主な目的としたからである。設計図については、ほぼ通常と同じ作業と考えてもらって構わない。

各ステージでのBIMの取り組み

 今回は、連携事業での大和ハウスグループチームの取り組みの基本的な方針とその概略を解説した。次回以降は、各ステージで具体的に何をしたのか、その結果、どのような成果効果が生まれたのか、そしてBIMガイドラインに準拠して、真に成果を出すために立ちはだかるハードルなどについて話を先に進めたい。

著者Profile

伊藤 久晴/Hisaharu Ito

大和ハウス工業 技術統括本部 建設デジタル推進部(旧・BIM推進部) シニアマネージャー(2020年9月現在)。2006年にオートデスクのセミナーでRevitの紹介をし、2007年RUG(Revit User Group Japan)の初代会長となって以来、BIMに目覚める。2011年RUG会長を辞して、大和ハウス工業内でBIMの啓蒙・普及に努め、“全社BIM移行”を進めている。「BIMはツールではなく、プロセスであり、建設業界に革命を起こすもの」が持論。

近著に「Autodesk Revit公式トレーニングガイド」(2014/日経BP)。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.