連載
» 2020年07月01日 10時00分 公開

【第6回】「迷走する設備BIMの後れを取り戻せ!」(前編)BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(6)(3/3 ページ)

[伊藤久晴(大和ハウス工業 技術本部 建設デジタル推進部 次長),BUILT]
前のページへ 1|2|3       

「後追い」の設備BIMは何が問題か?

 先に述べたように、現状で大和ハウス工業の設備BIMは、「後追い」なことが多い。設備CADを使って2次元で図面を完成したうえで、その3次元機能でモデルを作り、IFCに変換したデータで、意匠や構造とのモデル統合を行うというものである。

 これまでの作業であれば、2次元で図面が完成した段階で、設備担当者の役目は終わっている。BIMでは、その後モデル化を行い、IFCへ変換して、統合モデルを作り、干渉チェックを行うという作業を何度か繰り返して整合性を図るのだが、今までには無かった作業が生じるため、BIMによる作業負荷として、全体の作業量が確実に増えてしまう。

大和ハウス工業の設備BIMの作業内容(2Dの図面からモデルを作るパターン)

 このような作業では、間に合わなくなるため、さらにモデルを作るという作業が増え、2次元CADが完成しない段階で、3次元モデルを作ることが多い。その際は、同じ設備CADを使っていても、3次元モデルのため、図面とは全く連携しないモデルを作ることになる。このようなモデルは、その場限りのデータで、その後の変更に追従せず、「使い捨て」のデータとなってしまう。また、こうした手法では、設備担当者に負荷が掛かってしまうので、設計BIMをやるためには、期間と費用が上乗せで必要になり、生産性向上とは真逆の現象が起きることにもなる。

大和ハウス工業の設備BIMの作業内容(2D図面とは別にモデルを作るパターン)

 後追いで作った設備モデルの主な目的は、干渉チェックである。干渉チェックにより、設計段階で問題点を無くしておくことが、施工段階の手戻りを減らすことになるが、先に述べたように、位置や寸法が決まっていない設計モデルで干渉チェックを行うと、干渉部分が多く報告される。その中には、重要なものも抽出されるが、そのほとんどは、大した不具合ではない。

コーディネーションミーティングとアンケートによる評価

 当社でも一時期、コーディネーションミーティング開き、関係者を集め、干渉による問題点の把握と解決ということを積極的に行っていた。プロジェクト物件単体でするのはアリだと思ったが、全物件で、コーディネーションミーティングの準備時間と、参加者全員がチェックする手間を考慮すれば、設計段階での干渉チェックは、自動干渉チェックなど、負担の軽い形で行うべきではないかと思うようになった。

 設備担当者にとってBIMモデルを作る作業が増えた上、施工BIMに連携できす、干渉チェック自体が主目的にならないとしたら、設計の設備BIMとは何だろうか?何のために設備BIMをやる必要があるのか?そのあたりが明確化されていなく、安易に設備が「後追いでモデルを作ること」を設備BIMと呼んでいる現状があるとしたら、そこが一番大きな問題ではないだろうか。

 次回の後編では、今後の設備BIMに必要なことについて、考察してゆく。

著者Profile

伊藤 久晴/Hisaharu Ito

大和ハウス工業 建設デジタル推進部(旧・BIM推進部) シニアマネージャー(2020年4月1日現在)。2006年にオートデスクのセミナーでRevitの紹介をし、2007年RUG(Revit User Group Japan)の初代会長となって以来、BIMに目覚める。2011年RUG会長を辞して、大和ハウス工業内でBIMの啓蒙・普及に努め、“全社BIM移行”を進めている。「BIMはツールではなく、プロセスであり、建設業界に革命を起こすもの」が持論。

近著に「Autodesk Revit公式トレーニングガイド」(2014/日経BP)。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.