ニュース
» 2022年06月23日 11時14分 公開

なぜ今「2人暮らし」向けなのか?太陽光パネル無しで“ZEH”の賃貸住宅「NEW RiSE」ZEH(3/3 ページ)

[BUILT編集部,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

オプションでコロナ禍で重要高まる宅配BOXも設置可能

 さらに峠坂氏は、入居者のZEHに対する意識が向上している点にも着目。「住む家を選ぶ際のキーワードで、光熱費削減と快適さを重視する人が増えているように感じる」と見解を述べる。裏付けるように、経済産業省が2021年に新規入居した人を対象に行った調査でも、「ZEHであることが選択のポイントになったか」という質問のうち、60%以上はYESと回答。まさにNEW RiSEは、それらのニーズに全て兼ね備えた集合住宅といえるだろう。

経済産業省資源エネルギー庁主催「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業調査発表会2021」資料より抜粋 提供:大東建託

 そして、ワンランク上の細かい要望にも対応できる充実したオプションも魅力となっている。例えば、不在時も便利な宅配BOX「e-TAKU+(イータクプラス)」の設置。届け物の心配なく生活を送れるようになるのはもちろん、コロナ禍の感染対策でも、需要は高まっているそうだ。

オプションで設置できる宅配BOX「e-TAKU+」。大型郵便や荷物が入る「大型ポスト」と「宅配ボックス」を備える 提供:大東建託

 e-TAKU+以外にも、有事の際に警備会社が駆け付けてくれるホームセキュリティや監視カメラなど、防犯設備も万全。

 加えて、シロアリの侵入を防ぎ、基礎に溜(た)まる水を排水しやすくして建物の腐食や錆(さび)を抑える「防蟻集水桝」、防水加工を施したバルコニーの床を傷つけずにエアコンのドレン管(室内機や室外機の内部で結露した水分を屋外に排出するホース)を高比重ゴムで固定する「エアコンドレン管固定用部材」など、オリジナル製品も多数用意している。なお、防蟻集水桝とエアコンドレン管固定用部材は、2021年度の「グッドデザイン賞」を受賞している。

 峠坂氏は、「今後も引き続き、ZEHに力を入れていき、多くの人が住みやすい集合住宅を提供していきたい」と言葉を締めた。

 新たに、ZEH対応可能な本商品の販売を開始し、さらなる業容拡大へまい進していく大東建託。NEW RiSEは、2022年度で2400棟の契約を目標に設定している。

2021年度の「グッドデザイン賞」を受賞した「防蟻集水桝」(左)と「エアコンドレン管固定用部材」(右) 出典:大東建託プレスリリース
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.