調査リポート
» 2021年09月06日 06時00分 公開

コロナ禍前後の技術者と技能工の需給動向「建設技能工の人材需要は逼迫化」産業動向(2/2 ページ)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

建設技術者数は30万人で、前年同月と同数

 建設技術職の雇用動向では、2021年6月の建設技術者数は30万人(前年同月比100.0%)で、前年同月と同じ。

 ハローワークにおける建築・土木・測量技術者(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月を0.2ポイント上回る5.76倍で2カ月連続上昇した。

 労働需給の先行指標となる新規求人倍率は、前年同月を1.51ポイント上回って10.37倍となり、6カ月連続で前年同月を上回っており、建設技術者の需給状況は再び厳しくなっている。

 有効求人数は、前年同月比114.9%となり、5カ月連続で増加。新規求人数も同110.3%と5カ月連続で増加し、建設技術者の需要は増加傾向が鮮明となっている。

 充足率は、前年同月より0.25ポイント低下して3.56%となり、ハローワークで建設技術者を採用することは困難な状況が続く。

※充足率=(就職件数/新規求人数)×100%

建築・土木・測量技術者を対象にした雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成
建築・土木・測量技術者を対象にした雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成

 建設技能工の雇用動向についてみると、ハローワークにおける建設・採掘の職業(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月比0.02ポイント上がり、5.18倍となった。

 労働需給の先行指標となる新規求人倍率は8.75倍(対前年同月比+1.24ポイント)で、11カ月連続で前年同月を超え、建設技能工の需給動向は逼迫に向かっていると考えられる。

 有効求人数は、前年同月比109.7%となり、10カ月連続で前年同月を上回った。新規求人数も同108.6%と同じく、10カ月連続で前年同月よりも増加し、企業の求人意欲は上昇傾向が続いている。

 充足率は前年同月より、0.87ポイント低下して5.99%となり、ハローワークで建設技能工を採用することは困難な状況が継続している。

建設・採掘を対象にした雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成
建設・採掘を対象にした雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より建設HR 編集部が作成

建設HR主催

「日建連 杉浦氏がやさしく教える BIM/CIM導入成功のための人材活用術」

 総合人材サービス事業を行うヒューマンリソシアが運営する建設業界のお困りごとに寄り添うオウンドメディア『建設HR』は、2021年9月14日正午に、BIM/CIM導入の課題や解決方法に関するZoomを利用した無料のランチタイムウェビナー開催する。

 今回のオンラインセミナーでは、日本建設業連合会の杉浦伸哉氏を講師に招き、「BIM/CIM導入を検討、または導入したものの活用しきれていない」「BIM/CIM導入・運用の必要な人材が不足しており、なかなか採用も進まない」といった課題解決につながる成功事例や人材採用・育成のポイントなどについて解説していただく。申し込みは事前登録制で、定員は先着200人、参加費は無料。

 

 建設HRセミナー専用ページ→ https://kensetsu-hr.resocia.jp/event/202109/

<本セミナーは終了しました。>

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.