ニュース
» 2021年08月31日 06時15分 公開

エアロセンスが提案する測量現場の3Dモデル作成を自動化するドローンソリューション第3回 建設・測量 生産性向上展(3/3 ページ)

[川本鉄馬,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

ドローン測量を強力に支援するクラウドソリューション「エアロボクラウド」

 ドローンによる測量は、地上を高度30〜50メートルの高度から撮影して行われる。このように撮影された画像を3Dモデル化するには、ズレやゆがみなどの補正作業で知識と経験を持つ人材が必要になる。点群への変換でも、高い処理能力を持つ高性能PCが必須になる。

 この点、エアロセンスでは、撮影画像をアップロードするだけで、その後に必要な処理を自動化するクラウドサービスを用意している。「エアロボクラウド」と呼ばれるもので、ドローンや測量の知識がない人でも、業務で使える3Dモデルが簡単に作れるのが特徴だ。

 エアロボクラウドには、工事にあたり役所に提出する帳票や資料などを作成する機能が実装されている。また、福井コンピュータの3D点群処理システムである「TREND-POINT(トレンドポイント)」をはじめ、他社の点群処理ソフトと連携している。

処理をクラウド上で行う「エアロボクラウド」。一般的な処理能力のPCでも快適に利用できる。エアロボクラウドの利用料金は月2万円
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.