ニュース
» 2021年05月31日 07時00分 公開

タダノ製クレーンの詳細な性能情報をネットで提供するAPI、「Revit」と連携可能第3回 建設・測量 生産性向上展

クレーンメーカーのタダノは、同社製クレーンの性能を演算する機能やジャッキ反力の情報、テレマティクスデータをインターネット経由でアプリなどに提供する「Lift API」の開発を進めている。Lift APIの正式リリースは2021年中を予定している。

[遠藤和宏,BUILT]

 建設会社では、施工計画を作成する際に、利用する建設機械の性能を見える化する目的で、メーカーの公式Webサイトからダウンロードした建機のデータ表を施工計画書に手作業で入力するケースがある。しかし、公式Webサイトのデータ表は詳細が記載されていないケースもあり、建設会社の担当者が詳しい情報をメーカーに問い合わせするという手間が生じていた。

 こういった問題を解消するために、クレーンメーカーのタダノは、同社製クレーンの性能を演算する機能とジャッキ反力の情報やテレマティクスデータ※1をインターネット経由でアプリなどに提供する「Lift API」の開発を進めている。「第3回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」(会期:2021年5月12〜14日、幕張メッセ)で、開発中のLift APIを国内初披露した。

※1 テレマティクスデータ:建機の稼働情報をリアルタイムに可視化し、蓄積した情報

BIMモデルの提供の開始

 Lift APIは、クレーン施工計画アプリや建築3DCADソフト「Revit」と連携し、タダノ製クレーンの詳細な情報を各ソリューションで使えるようにして、工事のプランニングを効率化する。

「Lift API」の概念 提供:タダノ

 さらに、搭載されたテレマティクスデータ用のAPIは、財源を統合的に管理する「ERP(Enterprise Resource Planning)システム」とサードパーティー製「FMS(Fleet Management System、運行管理システム)」との連携に応じている。テレマティクスデータ用APIの仕様は、国際規格「ISO/TS15143-3(Telematics data)」に一部準拠しており、タダノ独自のデータ項目を追加する見通しだ。

 また、Revitの既存プロジェクト内で、タダノ製クレーンによる揚重計画も作れる専用のアドインもLift APIに実装する。

「Revit」と「Lift API」の連携

 タダノの担当者は、「当社では、Revitなどのソフトで使えるタダノ製クレーンのBIMモデルを2020年7月に公式Webサイトで公開した。2020年7月は国内向けクレーンBIMモデルの一部をリリースし、2021年3月には海外向けクレーンBIMモデルの提供を開始した。2021年の夏にはタダノ製大型クレーンのBIMモデルを公開する見込みだ」と関連する情報を明かした。

タダノ製クレーンのBIMモデル 提供:タダノ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.