ニュース
» 2021年06月22日 07時00分 公開

建機の遠隔操作ロボを現場事務所で操縦できる新たな通信システム、アクティオ第3回 建設・測量 生産性向上展

アクティオは、専用のコントローラーにより、機種を選ばず建設機械の遠隔操作が可能な「アクティブロボ SAM」の遠隔操作できる範囲を広げるシステムを開発し、2021年1月にレンタルを開始した。

[遠藤和宏,BUILT]

 自然災害が発生した場所や土砂崩れなどの事故が起きやすいエリアで、建設機械を使用して復旧、建設、土木の作業を行う際にはオペレーターに危険が伴っている。

 解決策として、コーワテックは、機種を選ばず建機の遠隔操作が可能な「アクティブロボ SAM」を開発した。アクティブロボ SAMは、建機の操縦席に搭載することで、建機から離れた場所でも、920MHz無線通信を介して、専用のコントローラーによりロボットをコントロールし建機を操作できる。遠隔操作に応じる範囲は約300メートル。

 しかし、オペレーターとアクティブロボ SAMを取り付けた建機の距離が250メートルに達すると、オペレーターは、目視で建機の周囲や状況を確かめられず、災害現場などでは使用することが難しかった。さらに、自然災害の規模が大きいとこれまでの遠隔操作範囲では対応が困難だった。

 上記のような、問題を解消するために、アクティオは、Wi-Fi端末を活用し、重機を遠隔操作するシステムを開発して、2021年1月にレンタルを開始した。同社は、「第3回 建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)」(会期:2021年5月12〜14日、幕張メッセ)に出展し、新システムをPRした。

現場事務所がインターネットに接続していれば遠隔地でも建機を操縦可能

 新システムは、現場に専用のWi-Fi端末や無線カメラ、ドローン、無線対応建機、PC、アクセスポイント、LANケーブルで電力を供給する装置「PoEハブ」を配置し、事務所に専用のWi-Fi端末やアクティブロボ SAMのコントローラー、PC、PoEハブを設置することにより、事務所内でドローンや無線カメラで取得した現場の映像をPCで見つつ、専用のコントローラーで、アクティブロボ SAMを動かし、ロボットを装着した建機を操作できる。

Wi-Fi端末を活用した通信システムのイメージ
Wi-Fi端末を活用した通信システムの構成

 無線カメラは無線対応建機のキャブ内に配備され操縦席からの現場を撮り、ドローンでは建機の周囲を撮影する。専用コントローラーからの操作信号は、Wi-Fi端末を介し、現場のアクセスポイントを経由して、アクティブロボ SAMに送信される。現場のドローンや無線カメラの映像は、専用のWi-Fi端末を通して、事務所のPCに送られる。専用Wi-Fi端末の最大通信距離は10キロ。

 アクティオの担当者は、「今回のシステムでは、現場事務所がインターネットにつながっていれば、インターネットと専用のWi-Fi端末を経由して、遠隔地のオペレーターが、現場のドローンと無線カメラの映像をPCで閲覧しつつ、アクティブロボ SAMのコントローラーで、操縦席に取り付けたロボットにより建機を遠隔で操縦可能だ。また、LTEなどの電波が届かない現場でも、事務所がインターネット環境を備えている場合は、専用のWi-Fi端末を用いて、インターネット上にある動画の視聴やSNSの利用を現場でも行える」と活用方法を説明した。

 関連する情報について、「現在、アクティオでは、LTE回線を利用した通信システムによる重機の低遅延遠隔操作を実証実験している。このシステムは、LTE回線を用いて、アクティブロボ SAMのコントローラーとロボットを通信するもので、Wi-Fi端末を使用したシステムと同様に、遠隔地にいるオペレーターが無線カメラの現場映像を確かめつつ、建機を操れる。通信速度は5Gに相当するため、コントローラーに入力した操作信号がアクティブロボ SAMの動作に反映される時間が短く、スピーディーに建機を動かせる」(アクティオの担当者)。

LTE回線を利用した通信システムを介してリアルタイムに会場で投映された無線カメラの映像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.