ニュース
» 2021年06月08日 07時00分 公開

三菱地所レジデンスの「Re ビル事業」初、オフィスビル改修のホステルが開業リノベ(3/3 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

外観のデザインは福岡市美術館を意識

三菱地所レジデンス 投資アセット開発事業部 櫻井紅美氏

 オンライン内覧会で、三菱地所レジデンス 投資アセット開発事業部 櫻井紅美氏は、「ザ・パークレックス 大濠公園の改修では、大堀公園を最大限利用するとともに、市街地で働く人のインタフェースとして機能する施設を目指した。外観のデザインでは、福岡市美術館を意識し、既存の外壁タイルをそのまま生かした。1階ファサード部分の耐震補強壁はタイルを剥(は)がし建物全体に色を合わせた。耐震補強壁は出来上がったコンクリートを職人がノミとハンマーで加工するビシャン仕上げを施し、建具には赤みのあるものを採用した」と改修の意図を説明した。

 UNPLAN Fukuokaは、RC造地上5階建てで、延べ床面積は1667.80平方メートル。所在地は福岡市中央区大手門3丁目4番1号で、敷地面積は417.18平方メートル。客室は、ドミトリーが62床で、PODは72床、個室が15室。アクセスは福岡市地下鉄空港線「大濠公園」駅から徒歩1分。設計監理はオープン・エーが、施工はケーアンドイーがそれぞれ担当した。

UNPLAN Fukuokaの外観 出典:三菱地所レジデンス
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.