ニュース
» 2020年12月23日 09時00分 公開

戸田建設がブラジルで陸上風力発電・売電事業に着手産業動向

戸田建設は、ブラジルで、陸上風力発電・売電事業を展開する現地法人2社を設立した。両社は、現在、発電出力が27.72MW(メガワット)に及ぶ陸上風力発電施設の開発を進めている。

[BUILT]

 戸田建設は、このほどブラジルで、戸田インベストメント・ブラジルと戸田エネルジア・ブラジルの現地法人2社を設立し、リオグランデ・ド・ノルテ州アレイア・ブランカ市で、発電出力27.72MW(メガワット)の陸上風力発電施設を開発する陸上風力発電・売電事業に着手したことを2020年8月28日に発表した。

 これまで、ブラジルにおける発電源の構成は、水力発電の割合が高く、降雨量により電力価格が影響を受けやすいため、昨今の異常気象を起因とする干ばつなどによって電力価格の上昇が起きており、現地企業の電力調達コストに影響を与えている。

左から、ブラジルにおける陸上風力発電・売電事業の計画地、周辺の発電所、送電設備 出典:戸田建設

 また、主に北東部地域では、世界的に見ても年間を通して風況の優れた地域が存在し、電力調達コストの安定化に資する陸上風力を中心とした再生可能エネルギーの開発が活況を呈している。さらに、発電設備の供給網や運営保守、送電変電設備などでも整備が進んでいることを踏まえて、戸田建設は戸田インベストメント・ブラジルと戸田エネルジア・ブラジルの2社を設立した。

 両社は、ブラジル戸田建設の営業網を生かし、日系進出企業などの工場へグリーン電力を供給していく。両社が開発する風力発電施設は、1基で3.465MWの出力を備えたNORDEX製発電設備を8基設け、稼働は2021年7月を予定している。

NORDEX製発電設備の概要 出典:戸田建設

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.