ニュース
» 2023年11月06日 19時00分 公開

清水建設が外販開始、重機オペの死角をカバーするAI監視「カワセミ」安全衛生

清水建設は、建設現場での重機接触災害の根絶を目指し、AIで重機オペレーターの死角をカバーする車両搭載型の安全監視カメラシステムを開発した。画像解析AIは、さまざまな姿勢の骨格を機械学習しており、重機周辺でしゃがんでいたり、手荷物などに隠れていても、人の存在を検知する。

[BUILT]

 清水建設は、東京大学発AIベンチャーのLightblue、日本道路グループのエヌディーリース・システムと共同開発した建設重機用の車両搭載型安全監視カメラシステム「カワセミ」を商品化したと2023年11月1日発表した。日本道路の建設現場への導入を進めるとともに、同日からエヌディーリース・システムを通じて外部販売を開始した。

さまざまな姿勢の骨格を機械学習し、しゃがんだ状態でもAIが検知

 カワセミは、画像解析AIを活用して建設重機オペレーターの死角となる後方にいる人や車両を瞬時に検知し、警告音、ライト点灯、モニター表示などでアラートを発報するカメラ監視システム。システム構成は、オペレーターの死角を監視する単眼カメラユニット、カメラユニットの撮影画像から人や車両の侵入を検知する画像解析AIサーバ、パトライト、監視モニターで、カメラユニットは重機の種類を問わずマグネットで簡単に固定可能だ。

安全監視カメラシステム「カワセミ」のシステム構成 安全監視カメラシステム「カワセミ」のシステム構成 出典:清水建設プレスリリース

 既に製品化されている多くのカメラ監視システムは、人がしゃがんでいたり、手荷物などで体の一部が隠れていたりする場合は、検知精度が低下してしまうなど、機能面での制約があった。

 その点で、カワセミの核となる画像解析AIは、さまざまな姿勢の骨格を機械学習し、しゃがんだ状態や手荷物などに隠れて体の一部が画像に映っていない場合でも、人の存在を検知する。また、骨格から推定した目や鼻、耳の位置関係をもとに、人物が重機を視認しているかもリアルタイムに判定する。そのため、アラート発報レベルを「注意」から「警告」へと段階的に上げるなどの運用が可能となり、アラートの影響で必要以上に作業が遅れる事態を回避できる。

画像解析AIによる骨格推定 画像解析AIによる骨格推定 出典:清水建設プレスリリース
顔の向きの推定 顔の向きの推定 出典:清水建設プレスリリース

 さらに、人物に加えて車両を検知する機能も備えており、重機と車両の衝突回避にも効果を発揮する。

 開発にあたっては、検出アルゴリズムの開発を清水建設とLightblue、販売計画の策定と販路開拓をエヌディーリース・システムが担当し、3社で現場実証に取り組んできた。今後は、清水建設と日本道路の建設現場への導入を進めるとともに、他の建設会社や道路工事会社への一般販売やリース販売にも注力していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.