ニュース
» 2021年12月17日 13時00分 公開

「T-iDigital Field」にデジタルツインで建機の接触事故を防ぐ機能を搭載、大成建設デジタルツイン

大成建設は、施工中に収集したデータを仮想空間上に集積・統合するシステム「T-iDigital Field」の機能を拡張した。追加された新たな機能は、デジタルツイン技術を用いて建設機械との接触を防止するアプリケーションで、同社は建設現場でその性能を検証した。

[BUILT]

 大成建設は、施工中に得られるデジタルデータを活用して、工事関係者間で情報共有し、効率的な施工と安全管理を支援するシステム「T-iDigital Field※1」の機能を拡張したことを2021年11月26日に発表した。

※1 T-iDigital Field:CPS(Cyber-Physical Systems)の概念に基づき、施工中に得られる膨大な各種映像やセンサーによるデジタルデータなどを仮想空間上に集積・統合して、デジタルツインを形成するなど、高付加価値な情報として工事関係者間へフィードバックする。加えて、蓄積したデータにAIや多変量分析を用いることで、現場管理の支援、生産性の向上を図れる統合プラットフォーム。

作業員と接触する恐れがある建機を非常停止する機能も搭載

 厚生労働省が公表した「災害発生状況データ」によれば、近年国内では、建設現場で機械関連災害が減少傾向にあるが、「挟まれ、巻き込まれ災害」「激突され災害」は現場災害の1〜2割を占めている。

 そのため、今後、建設現場で自動運転に対応した建設機械の導入が進むと、有人あるいは無人の「建機同士」や「建機と現場作業員」の接触を防ぐ安全システムの構築が必要となってくる見通しだ。

 そこで、大成建設は、2020年7月に独自開発し運用しているT-iDigital Fieldの機能を拡張した。今回の拡張では、デジタルツイン技術を用いて建設現場を仮想空間上に再現し、建機や現場作業員の位置を把握することで、現実空間での接触を防ぐ。

建設機械の接触防止システム概念図 出典:大成建設プレスリリース

 具体的には、3D点群データを用いて仮想空間上に現場を再現し、現実空間の建機から得たGNSS位置情報を基に、建設機械の位置と動線を仮想空間上に表示する。さらに、建機と対象物との距離などを仮想空間上でリアルタイムに把握し、互いが接触する恐れがある場合には、現実空間の建機を制御して、警報の発信や非常停止を行う。

 加えて、作業員がGNSS発信機を携帯することで、建機同士だけでなく建機と現場作業員の動きを認識し、双方の接触を防止する。

 今後、大成建設は、現場適用により蓄積される建機の作業データを分析し、条件に応じた最適な施工方法の選定を実現する他、建機の燃費効率をスリム化する方法を検証して、有効な機能の開発を進めていく。

「T-iDigital Field」の概念図 出典:大成建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.