ニュース
» 2021年10月14日 15時00分 公開

クラボウと竹中工務店が2022年度中に3Dプリンティング建築物の施工を目指し、共同研究契約を締結3Dプリント

クラボウは、2021年に発表した建設向けの3Dプリンティング事業で、竹中工務店と共同研究の契約を結んだ。クラボウは、建設用3Dプリンティング事業をさらに加速させるために、BIMなどの建築生産プロセスとの連携や3Dプリンタの特性を建築物の設計に組み込む必要があると見ており、これまでにさまざまな関連分野の企業との連携を検討してきた。そうした中で、事業構想と考えが一致した竹中工務店と、建設用3Dプリンタを活用した新たな建築工法の開発を視野に入れ、共同で技術革新の基盤を作っていくことに合意し、共同研究契約を締結するに至った。

[BUILT]

 クラボウ 化成品事業部は、現在取り組んでいる建設用3Dプリンティング事業で、竹中工務店と建設用3Dプリンタの活用に関する共同研究契約を2021年9月27日に締結した。今後は、両社の強みを生かし、建設用3Dプリンタを活用した新しい建築工法の実証実験と技術確立を行い、2022年度中に3Dプリントによる建築物の施工を目指す。

新しい建築工法の確立に向けた建設用3Dプリンタの活用に関する共同研究契約

 建設業界では、高齢化により熟練技術者が減少するとともに新しい人材の確保が難しくなっており、深刻な人手不足への対応、次世代への技術継承などが課題となっている。その解決策の一環で、省人化・省力化や生産性向上など、業務効率化を進めるために建設の計画・調査・設計から施工・維持管理までのプロセスで、情報共有や可視化を図るBIM導入など、DXへの取り組みが進んでいる。

 まだ人の労力に頼らざるを得ない建設作業現場では、建設用3Dプリンタを活用するための研究が進められているなかで、クラボウでは、2021年5月に建設用3Dプリンティング事業に進出し、DXに対応する建設用3Dプリンタを活用した新しい建築工法などの開発に取り組んでいる。

クラボウの「寝屋川工場」に導入したXtreeE製の大型3Dプリンタ 提供:クラボウ

 クラボウの建設用3Dプリンティング事業では、精緻な成形が可能な仏スタートアップ企業XtreeE(エクストリ―)製の建設用3Dプリンタを導入し、建材の開発・生産で30年以上にわたり培った独自のセメント系材料の配合技術や押出成形技術を転用することで、建設業界での3Dプリント技術の開発を行っている。

 一方で、竹中工務店もXtreeE製の3Dプリンタ活用の可能性を見いだし、両社でオープンイノベーションによる研究開発に取り組んできた。また、働き方改革やDXなど建設業界を取り巻く環境の変化を受け、竹中工務店では新しい建築生産技術による建設プロセスの革新を目指しており、当社の建設用3Dプリンティング事業の方向性とも一致したことから、建設デジタル革新の基盤の1つとして、新しい建築工法の確立に向けた建設用3Dプリンタの活用に関する共同研究契約の合意に至った。

XtreeE製の3Dプリンタで制作した門塀 提供:クラボウ

 共同研究では、クラボウが建設用3Dプリンタに関する技術情報の提供、3D造形物などの試作に関する実証試験と改善点のフィードバック、竹中工務店は3D造形物の基本性能の評価と建築物への適用の検討を行う。

 今後は、実際の建築物の施工に3Dプリンタの導入を図るべく、両社のノウハウを融合させ、2021年度中に建築物へ適用する際の基本性能について、評価手法を策定し、試作品の製作と評価を経て、基本設計及び実施設計を確定し、翌2022年度には建設用3Dプリンタによる実際の建築物での施工を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.