ニュース
» 2021年09月08日 13時00分 公開

兵庫県尼崎市で延べ1.7万m2の物流施設が竣工、関通が入居し稼働プロジェクト

日本GLPは、兵庫県尼崎市で計画を進めていた物流施設「GLP 尼崎III」が2021年6月2日に竣工したことを公表した。GLP 尼崎IIIは、関通が着工前に賃貸借予約契約を締結しており、専用施設「D2C物流センター」として稼働している。なお、関通は、立地の優位性や個別ニーズへの柔軟な対応を評価し、GLP 尼崎IIIへの入居を決定した。関通が日本GLPの施設を利用するのは初となる。

[BUILT]

 日本GLPは、兵庫県尼崎市で開発を進めていた物流施設「GLP 尼崎III」が2021年6月2日に竣工したことを同日に発表した。

女性用洗面所にはパウダースペースを整備

 計画地は、阪神高速3号神戸線「尼崎西インターチェンジ(IC)」から約1キロの場所にあり、国道43号線から約650メートルのエリアに位置し、大阪市内と神戸市内に配送しやすい。さらに、阪神電鉄本線「尼崎センタープール前駅」から約1キロで、路線バスの停留所も近く、住宅エリアからも至近であることから、雇用確保の点で優れている。周辺には、食品流通系企業や工業メーカー系、物流企業などが集積しており、物流施設へのニーズが高い。

「GLP 尼崎 III」の外観 出典:日本GLPプレスリリース

 GLP 尼崎IIIは、地上4階建てで、入居企業のニーズに応え、明るく清潔感のある外観を演出するために、白色を多く用いている他、エントランスには自然のぬくもりを感じられる木目調を採用している。また、見晴らしの良好な最上階に事務所を集約し、女性用洗面所にはパウダースペースを整備してアメニティーを充実させた。庫内には空調と超大型シーリンクファンを設置するなど、働く環境の快適性を高めている。BCP対策に関しては、受変電設備の設置位置を通常より高くすることで洪水の影響を受けにくくした。

 今回の施設を利用する関通は、尼崎市内に複数の物流拠点を保有しているが、尼崎エリアでの業務増加に伴いGLP 尼崎IIIに入居した。今後はGLP 尼崎を活用し関西圏の業容拡大を推進する。

GLP 尼崎IIIの概要

 GLP 尼崎IIIは、耐震S造地上4階建てで、延べ床面積は1万7256.42平方メートル。所在地は兵庫県尼崎市道意町6丁目で、敷地面積は8447.22平方メートル。着工は2020年5月で、竣工は2021年5月。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.