ニュース
» 2021年08月31日 13時00分 公開

延べ5.4万m2の物流施設が埼玉県北本市で竣工し満床で稼働、日本GLPプロジェクト

日本GLPは、埼玉県北本市で開発を進めていた物流施設「GLP 北本」が竣工したことを公表した。入居企業は、山善、カインズ、日本ロジステックのサブリース先であるアドビュートで、竣工前に満床となった。

[BUILT]

 日本GLPは、埼玉県北本市で計画を進めていた物流施設「GLP 北本」が2021年7月21日に竣工したことを同日に発表した。

最大8社のテナントが入居可能

 計画地は、都心から約40キロ圏内で、圏央道「桶川加納インターチェンジ(IC)」から約2.7キロの場所にあり、「桶川北本IC」から約4.9キロのエリアに位置し、東北自動車道と関越自動車道双方へのアクセスに優れている。さらに国道17号線まで約1キロの地域にある他、JR高崎線「北本」駅から2.9キロで、同線「桶川」駅から2.3キロと、住宅地からも至近なことから、雇用を確保しやすい。

 GLP 北本は、地上4階建てで、小中規模スペースへのニーズが高い傾向を踏まえて、最小区画面積を約3966平方メートルに設定し、最大8社のテナントが入居できる。建物内には、各分割区画に垂直搬送機と荷物用エレベーターを標準設置しており、縦搬送能力が高く、スロープを用いた2階へのアクセスにより、2フロア(1-4階、2-3階)での効率的なオペレーションが可能。

「GLP 北本」の外観 出典:日本GLP

 1階は両面バース構造とし、2階は片面バース構造にすることで、通過型と在庫型の物流センターとして使える。庫内には、備えたLED照明に人感センサー制御を一部採用し、省エネ対策にも取り組んでいる。外観は、周囲の環境にも配慮し、緑地との調和を目指し、森をイメージしたデザインを取り入れた。

 また、埼玉県北本市と日本GLPは「災害時における支援物資の集積・輸送拠点などに関する協定」を締結した。今回の協定により、日本GLPは高いBCP機能を持つGLP 北本の倉庫スペースを緊急支援物資の一時保管施設として提供する。なお、GLP 北本は、北本市のハザードマップ上でも、洪水や地震、液状化など、災害による危険度が極めて低いと想定される地点にあり、施設内では、防災センターでの24時間有人警備や非常用発電機によるバックアップ電源の完備なども行っている。

「災害時における支援物資の集積・輸送拠点などに関する協定」の締結式の様子、日本GLP代表取締役社長の帖佐義之氏(左)と北本市長の三宮幸雄(右) 出典:日本GLP

 入居企業は、山善、カインズ、日本ロジステックのサブリース先であるアドビュートで、竣工前に満床となった。入居した各社からは、物流拠点として最適な立地や納品リードタイムの短縮を実現すること、配送および保管の両面で役立つ仕様、省エネ効果に貢献する人感センサー付き照明の配置、日本GLPの技術と管理実績などが評価された。

GLP 北本の概要

 GLP 北本は、耐震構造のS造地上4階建てで、延べ床面積は5万4478.05平方メートル。所在地は埼玉県北本市下石戸6丁目316番2他で、敷地面積は2万5054.76平方メートル。着工は2020年5月。CASBEE(新築)認証を取得予定。

【訂正】初出時、記事内容に誤りがありました。上記記事はすでに訂正済みです(2021年8月31日16時10分)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.