ニュース
» 2021年03月31日 12時00分 公開

建機レンタルが24時間スマホで可能に、レンタルのニッケンとLinneのSaaS

レンタルのニッケンは、建機レンタルをスマホやPCから、24時間いつでもどこでも申し込める新サービス「オンラインレンタル」をスタートさせる。まずは東京・関西の商圏を皮切りに、2022年3月までに全国展開も見据える。

[BUILT]

 レンタルのニッケンは2021年3月31日、 スマートフォンやPCからいつでも簡単に建設機械のレンタル注文を行える「オンラインレンタル」を2021年4月1日に開始すると発表した。

新Webサービスは、Linneの建機レンタル会社向けSaaS「Rentals」がベース

 オンラインレンタルは、Linneが開発したSaaS型プロダクト「Rentals(レンタルズ)」が基礎となっており、Rentalsの提供を受けたことにより、レンタルのニッケンが自社専用のオンラインレンタルサービスを垂直立ち上げできるようになった。

 レンタルのニッケンのオンラインレンタルは、エンドユーザーにとっては、Rentalsのウェブアプリを通じて、建設現場と同社の営業所とがつながり、24時間365日いつでもスマートフォン、 タブレット、PCから納品や返却、修理依頼が可能となる。すぐに注文したい、 いつ商品が届くかを知りたいといったこれまでユーザーを悩ませていた困りごとを解決する。

「オンラインレンタル」のアプリ画面 出典:レンタルのニッケン、Linne

 専用アプリ上では、商品受渡時のやり取りで発生する煩雑さを軽減する機能も備え、社内で誰が何を借りているかも、管理機能で確認することができる。また、過去の注文や閲覧の履歴をAIが解析し、発電機やコンプレッサーなど建機の周辺機器も含め、ユーザー別におススメ商品を表示する機能も搭載されている。

 レンタルのニッケンのオンラインサービスは、既に先行して大手建設会社に試験導入されており、「直観的に操作できる」「注文時、 納期が確約されるので安心」「関連商品が表示されるのでセットで借りる際、便利」「現場のことが良く考えられていて使いやすい」といった声が寄せられている。

 一方、レンタル会社では、商品ごとの掲載、配送納期を営業所ごとに設定できる他、AIの需要予測や在庫最適化で、営業所や商品ごとの需要を予測し、最適な在庫数量が提案される。

 Rentalsによって、顧客とレンタル会社双方で、従来の電話やFaxを中心とした取り引きで発生する誤発注や納期確認、現場機材の確認などに煩(わずら)わされていた時間が短縮され、建設現場の生産性向上と建機レンタル会社の収益性アップが見込める。

 両社は今後、共同で建機レンタル業界の他企業にもオンラインサービスを拡大させ、人手不足に悩む建設現場のDXをサポートしていくとしている。

Rentalsのイメージ画像 出典:レンタルのニッケン、Linne

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.