調査リポート
» 2021年02月15日 09時00分 公開

建設業の展望を調査、建設業者は老朽化した東京の下水道の整備に期待調査レポート

JAGフィールドは、建設業界で3年以上働いている1112人を対象に、建設業界への展望についてリサーチした。結果、建設業界が最も力を入れるべきインフラの整備として「老朽化した東京の下水道の整備」や「リニア中央新幹線の開通工事」が期待されていることが明らかになった。

[BUILT]

 JAGフィールドは、建設業で3年以上働いている1112人を対象に、業界への展望についてインターネット調査を2020年8月19日〜2020年8月20日に行い、同年10月29日に結果を発表した。

インフラ整備では経験の無い若手の人材にニーズ

 調査結果によれば、「建設業界は景気をけん引する仕事だと思うか」と、対象者に質問したところ、「はい」と答えた人は全体の73.9%で最多となり、「いいえ」と回答した人は全体の26.1%となった。

「建設業界は景気をけん引する仕事だと思うか」の回答 出典:JAGフィールド

 具体的にどのような建設業の仕事が景気の刺激策となりうるか対象者に聞くと、「複合施設やランドマークを建設する(30代/男性/東京都)」「高速道路のリニューアルで行き来を増やす(30代/女性/宮城県)」「老朽化したインフラの整備(40代/男性/愛知県)」「地方の公共事業増による活性化(50代/男性/鳥取県)」「老朽化した建物・橋などの建て替え(50代/男性/愛媛県)」といった声が寄せられた。

 「建設業界がこれから最も力をいれてくべきインフラの整備(再整備)とは何が挙げられるか」という質問で、最も多かったのは全体の30.7%が答えた「老朽化した東京の下水道の整備」となった。次いで、「リニア中央新幹線の開通工事」が21.5%、「首都高速の再整備」が20.5%、「大阪万博によるインフラ整備」が10.9%、「東京メトロによる銀座線全駅リニューアル計画」が3.4%と続いた。

「建設業界がこれから最も力をいれてくべきインフラの整備(再整備)とは何が挙げられるか」の回答 出典:JAGフィールド

 「インフラ整備(再整備含む)にはどのような人材が欠かせないと思うか」という質問で、最多だったのは、全体の63.6%が回答した「経験のある技術者(エンジニア)」。次に「経験・未経験問わず若い人材」が25.1%、「経験や年齢は問わない」が9.6%となった。

「インフラ整備(再整備含む)にはどのような人材が欠かせないと思うか」の回答 出典:JAGフィールド

 経験のある技術者が求められている一方で、経験ではなく若手の人材も求められていることが判明した。

 「これからの建設業界に期待していることは何か」と複数回答可能の条件で対象者に質問したところ、最も多かったのは、全体の50.1%が答えた「インフラの整備(再整備)」だった。次いで、「公共事業の活発化」が39.8%で、「建設業界のICT化が」33.3%、「AIなどの活用による人手不足の解決」が22.9%、「テレワークなどの働き方の変化」が13.9%となった。

「これからの建設業界に期待していることは何か」の回答 出典:JAGフィールド

 さらに、建設業界のこれからに期待している理由について対象者に尋ねると、「公共事業ならば貢献しやすくやりがいがある(20代/女性/埼玉県)」「全国各地でインフラが老朽化しており、更新の必要が生まれているため(30代/男性/兵庫県)」「インフラ再整備は将来の世代に対しても恩恵が残るものだから(40代/男性/茨城県)」「便利な世の中になっても誰かが頑張らないと日本の国土と便利さは維持できないから(50代/男性/千葉県)」といった意見が届いた。

<調査の概要>

 調査時期:2020年8月19日〜2020年8月20日

 調査対象:建設業界で3年以上働いている方

 調査手法:インターネットによるアンケート調査

 アンケート回収数:1112人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.