ニュース
» 2021年02月08日 10時00分 公開

マスク着用のまま100センチ離れても検温可能な新端末、検温誤差は±0.2度製品動向

JVCケンウッド・公共産業システムは、対象者がマスク着用のまま20〜100センチ離れても、検温誤差±0.2度で、体表面温度を測れるAI検温ステーション「VA110」を開発した。

[BUILT]

 JVCケンウッドグループのJVCケンウッド・公共産業システムは、非接触セルフ式検温端末としてAI検温ステーション「VA110」を2020年11月18日に発売した。

検出時間は0.3秒

 近年、新型コロナウイルス感染症の対策として、これまでの防犯セキュリティに加え、来館者の入場時に検温を行う企業と団体が増え、非接触で検温可能なソリューションのニーズが高まっている。

 こういった需要の拡大を受けて、JVCケンウッド・公共産業システムは、非接触で体表面温度を測定するAI検温ステーションVA110を開発した。VA110は、顔認識用のAIと高性能温度センサーを搭載することで、VA110から対象者がマスク着用のまま20〜100センチ離れても、検温誤差は±0.2度を維持し、検出時間0.3秒で体表面温度の測定を実現する。

AI検温ステーション「VA110」 出典:JVCケンウッド・公共産業システム

 VA110の検温方式には、対象者が同機の音声と画面ガイダンスに従って、マスク着用のまま同機の前に立つだけで体表面温度を測れる非接触セルフ式を採用している。VA110が設定温度よりも高い温度の検知やマスク未着用を検出した時はアラート音を発し周囲に知らせる。測定結果は本体に100万件まで記録でき、スナップショットは最大2万件残せる。

VA110の画面 出典:JVCケンウッド・公共産業システム

 また、別売りのオプションとして、専用クラウドの顔認証機能やエッジAIを活用した監視カメラとの連携機能、設置場所に応じて利用できるフロアスタンドとデスクスタンドを備えている。

 専用クラウドの顔認証機能は、VA110を専用クラウドに接続し顔認証機能を活用することで、あらかじめ顔のデータを登録した従業員や職員の検温と出退勤の情報を管理できる。さらに、顔のデータを登録していない利用者の入場と高熱の対象者を感知した場合、警報を鳴らすため、セキュリティの強化にも貢献する。複数台のVA110が測定した結果の一元管理にも応じている。

 エッジAIを活用した監視カメラとの連携機能は、米Atomrock製のエッジAI「Video Analyzer」を内蔵した監視カメラで取得した顔の映像とVA110で認識した顔情報が一致しているかを確かめられる。

VA110の拡張システム構成図 出典:JVCケンウッド・公共産業システム

 また、特定の人物がどのフロアに居たかといった行動履歴を調べられる機能「Photo Search」も使え、顔のデータを登録した従業員と職員が高熱のまま入場した場合、管理者にアラートを発信することもできる。

 施設内で感染者が確認された時に、複数の監視カメラで取得した映像から顔情報を検索する機能「Facial Search」も使用可能で、Facial Searchを用いて、感染者が従事したオフィスや移動したフロアの特定も進められる。なお、Video AnalyzerやPhoto Search、Facial Searchはいずれも別売りのオプション。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.