ニュース
» 2020年12月22日 07時00分 公開

リバブルアセットマネジメントが賃貸マンションに検温機能付き顔認証システムを導入導入事例

リバブルアセットマネジメントは、入居者の利便性向上とコロナ対策の一環として、開発・保有する賃貸マンションシリーズ「リバーレ」のうち、東京都台東区にある「リバーレ浅草ウエスト」にライナフ製「検温機能付きAI顔認証エントランスシステム」を導入した。

[遠藤和宏,BUILT]

 東急リバブルとライナフは2020年12月18日、東京都台東区の賃貸マンション「リバーレ浅草ウエスト」で、ライナフ製「検温機能付きAI顔認証エントランスシステム」の導入事例発表会を開催した。リバーレ浅草ウエストは、東急リバブルの100%出資子会社であるリバブルアセットマネジメントが開発・保有する賃貸マンションシリーズ「リバーレ」の中で検温機能付き顔認証システムを初導入した物件。

 会場では、リバブルアセットマネジメント プロジェクトマネジャー 末次俊介氏とライナフ 取締役 営業部 部長 杉村空氏が、検温機能付き顔認証システムの機能と導入経緯を説明した。

検温精度は±0.2度

 リバーレ浅草ウエストのエントランスに設置した検温機能付き顔認証システムは、ライナフのスマートエントランスシステムと連動した顔認証用デバイスで、AI顔認証技術を用いて、マスク着用時でも顔認証を実現し、エントランスの自動ドアを解錠する。

「検温機能付き顔認証システム」の顔認証用デバイス

 また、検温精度は±0.2度で、顔認証と検温を即座に行い、帽子やサングラスなどを着用している状態でも顔認証が行え、入居者だけでなく訪問者の検温にも対応している。さらに、顔認証用デバイスを取り付けた専用のスタンドに電源を供給するだけで利用でき、複雑な工事が不要のため既存物件にも容易に配置可能。

 検温機能付き顔認証システムの利用手順は、マンションのエントランスに同システムを設置した後、入居者があらかじめダウンロードした専用スマートフォンアプリで、顔を登録して、顔認証で自動ドアを解錠する。解錠と検温の結果は専用アプリに送られる。会場では、専用アプリでの顔登録から顔認証システムを用いた自動ドア解錠までの実演を行った。

検温機能付き顔認証システムの実演
ライナフ 取締役 営業部 部長 杉村空氏

 ライナフの杉村氏は、「ライナフの顔認証デバイスは、スマートエントランスシステム“NinjaEntrance”で制御している。NinjaEntranceは1台につき2つの自動ドアを解錠できるので、エントランスフロアに2つの自動ドアが設置されていても対応可能だ。また、顔認証だけでなく、パスワードや鍵、キーカードにも対応しており、遠隔解錠と解錠履歴の確認も行える。検温機能付き顔認証システム1台の設置価格は施工費込みで60万円(税別)だ。なお、リバーレ浅草ウエストではNinjaEntranceを天井裏に設置している」と述べた。

リバブルアセットマネジメント プロジェクトマネジャー 末次俊介氏

 リバブルアセットマネジメントの末次氏は、「リバーレシリーズは、入居者が安心安全に快適で暮らせることを目的に、2018年6月以降はIoT機器を採用し、IoT住宅の構築を進めている。これまでスマートフォンの専用アプリで室内に設置された照明の起動や風呂の湯張りが可能なシステムなどを導入してきた。検温機能付き顔認証システムもIoT住宅の構築とコロナ対策の一環として導入した。顔認証システムを設置することで、入居者が荷物で両手がふさがっている時やベビーカーを押している時などに、鍵の取り出しやマスクの着脱をせずに、オートロックの自動ドアを解錠可能になり、入居者の利便性が高まった。入居者の利便性を向上することで、退去防止を実現し、入居率アップにつながることを期待している」と同システムの導入経緯を語った。

 今後、リバブルアセットマネジメントは東京都港区芝で開発予定の賃貸マンション「リバーレ芝公園」と既存の物件でも検温機能付き顔認証システムの導入を計画している。

リバーレ浅草ウエストの概要

 リバーレ浅草ウエストは、RC造15階建てで、所在地は東京都台東区寿2丁目8-10。敷地面積は437平方メートルで、建築面積は266平方メートル。総戸数は84戸で、竣工は2016年1月。アクセスは、東京メトロ銀座線「田原町」駅から徒歩2分で、都営大江戸線「蔵前」駅から徒歩9分の立地。

リバーレ浅草ウエスト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.