ニュース
» 2022年10月28日 07時00分 公開

布製ダクトを用いた新たなクリーンルームシステム、各部材が軽量で落下リスクを低減導入事例

大成建設は、多孔質膜の布製ダクトを用いたクリーンルームシステム「T-Flexible Cleanroom Membrane」を開発した。T-Flexible Cleanroom Membraneは、適用することで、安全でローコスト・省エネルギーなクリーンルームの構築が可能となる。

[BUILT]

 大成建設は、半導体や電子部品、精密機器などを生産する工場のクリーンルームに導入されている「パネル型塵埃除去フィルター(HEPAフィルター相当)」の代替方式として、多孔質膜の布製ダクト(以下、メンブレンダクト)を用いたクリーンルームシステム「T-Flexible Cleanroom Membrane」を開発したことを2022年10月24日に公表した。

ダクト本体の圧力損失を50%以下に抑制

 工業用クリーンルームでは、製品過程で求められる清浄度(電子・精密部品工場レベルはクラス約1万)を確保するために、施設条件に対応した空調循環システムを導入している。

 しかし、従来のシステムでは、天井内にダクトや「高性能フィルター(HEPAフィルター)」とファンが一体となった「FF(ファンフィルターユニットは1台当たり約40キロ)」だけでなく、天井材などに多数の部材が設置されており、吊荷重が大きくなることに対応しなければならず、コスト増加につながっている。

工業用クリーンルームに使用される空調循環システムの比較 出典:大成建設プレスリリース

 一方、大地震時には、天井に配置した部材などの落下により、人的と物的の損害を受けるリスクがある他、ダクトの長さや吹出口での圧力損失の影響により、送風ファンで大きなエネルギーロスが生じているのが現状だ。

 そこで、大成建設は、クリーンルームシステムのT-Flexible Cleanroom Membraneを開発した。T-Flexible Cleanroom Membraneは、ダクト本体や天井に設置される設備機器、天井部材が軽量なため、大地震時に発生する可能性がある設置機材などの落下による人的と物損のリスクが軽減され、安全性が高まる。

メンブレンダクトを用いたクリーンルームシステム「T-Flexible Cleanroom Membrane」 出典:大成建設プレスリリース

 加えて、軽量化によりダクトや機材の天井への取り付けが容易に行えるため、建設工事の省施工化とイニシャルコスト低減を実現する。さらに、軽量なダクトを利用し、既存工場のリニューアルでも簡単にクリーンルームを構築できる。

メンブレンダクトを用いたクリーンルームシステム「T-Flexible Cleanroom Membrane」による圧力損失の低減 出典:大成建設プレスリリース

 また、従来のパネル型HEPAフィルターと比べ、ダクト本体の圧力損失が50%以下に抑えられるため、送風ファンの動力を低減することができ、クリーンルーム稼働時の省エネ化を図れる。

 今後は、新築建物だけでなく既存建物でのクリーンルーム構築に際して、軽量かつ高性能なメンブレンダクトを用いたクリーンルームシステムのT-Flexible Cleanroom Membraneを提案していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.