ニュース
» 2020年05月26日 09時00分 公開

薬品製造などクリーンルームを防護する避圧調整ユニットを大成建設が開発製品動向

大成建設は、医薬品をはじめ、食品、半導体などを製造するクリーンルームを対象に、室内の清浄度を確保し、急激な圧力変動に伴う部材破損を防護する避圧調整ユニットを実用化させた。

[BUILT]

 大成建設は、クリフと共同で、クリーンルーム内での室内圧力異常時に、清浄度へ影響を与えず、室内外の異常な圧力差を調整して、クリーンルームの部材破損を防護する避圧調整ユニット「T-Pressure Relief」を2020年5月12日に開発したことを公表した。

シンプルな機構の圧力調整装置を搭載

「T-Pressure Relief」外観写真 出典:大成建設

 クリーンルームを使用する際、点検時の誤操作や給・排気設備の故障などが原因となり、室内の圧力異常が生じることで、天井材などが破損してしまう事故が発生することがある。室内で破損が起きた場合は、復旧工事や温湿度、室圧、清浄度などの環境検証に要する期間中は、クリーンルームを使用することができなくなり、企業の事業計画にも悪影響を与える。

 大成建設らが開発したT-Pressure Reliefは、クリーンルームの室圧があらかじめ設定した値を超過した場合にのみ稼働する天井設置型の避圧調整ユニット。適用することで、清浄度に影響を与えることなく、室内外の異常な圧力差による部材破損が防げる。

 T-Pressure Reliefは、クリーンルームの室圧が天井内圧で、外部圧力より高い状態“陽圧”状態となった際は、陽圧を逃しパネルを浮上させ、クリーンルーム内の空気を天井内に排気して、室内を減圧させる。一方で、室圧が過度に低い陰圧状態となったら、陰圧を逃しパネル及び避圧口が開放し、天井内のチリやホコリを取り除き空気を浄化するHEPAフィルターを介して、室内へ給気をすることで清浄度を確保しつつ、異常に低い室圧状態を解消させる。

「T-Pressure Relief」避圧動作概念図 出典:大成建設

 操作は、あらかじめユニット設置対象のクリーンルームに設定した室圧に合わせて、陽圧や陰圧を逃し、パネル及び避圧口のバランスウェイトを調整して、任意に避圧動作の圧力を設定する。

 設置に関しては、本体下面に舟形パンチングフェースを取り付けることで、クリーンルーム内に通常設置される天井付HEPAフィルターユニットと同様のデザインで、違和感無く据え付けられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.