第4回 CSPI-EXPO
特集
» 2022年07月25日 18時13分 公開

6時間の飛行が可能な“国産ドローン”とグリーンレーザースキャナーで国内市場に訴求第4回 建設・測量生産性向上展(2/2 ページ)

[川本鉄馬BUILT]
前のページへ 1|2       

バッテリーとハイブリッドの国産ドローン2機種を開発

 このところ中国製のドローンを避ける傾向が強まっており、特に国の仕事を受注している測量会社や建設コンサルでは、中国製から日本製に乗り換える動きが活発になっている。アミューズワンセルフのドローン機体GLOWは、日本市場を視野に入れた国産をウリにするドローンシリーズ。

 アミューズワンセルフでも、GLOWの開発前は、中国メーカーのDJI製「Matrice(マトリス)シリーズ」にレーザースキャナーを装着して各種ドローンサービスを提供していた。しかし、当該ドローンが廃盤となり、スキャナーを搭載できなくなった。そこで、自らドローンを開発することに思い至った。

 今展では、リチウムイオンバッテリータイプの「GLOW.L」と、ハイブリッドタイプの「GLOW.H」を出品。GLOW.Hの“ハイブリッド”とは、エンジンとバッテリーの両方を積んでいることを意味する。

 バッテリータイプのGLOW.Lは、無駄を削ぎ落としたシンプルなドローンで、収納サイズは300(幅)×850(高さ)×350(奥行き)ミリとコンパクト。古河電池製の産業ドローン用インテリジェントリチウムイオンバッテリーを採用することで、TDOT 3 GREENを装備した状態で最大で33分間飛行する。

 GLOW.Lは6つのローターを装備するドローン。機体の軽量化と重量バランスの最適化を考慮して製品設計されており、ドローンとしての安定性に加え、高度な制御システムで、安定したホバリングや構造物に接近した撮影が可能という。

コンパクトさが特長の「GLOW.L」。バッテリーには、古河電池製のリチウムイオンバッテリーを使用

 ハイブリッドタイプのGLOW.Hは、エンジンとバッテリーを搭載した4ローターモデルとなる。エンジンで発電しながら飛行するので、ペイロード無しなら、最長で6時間飛行。TDOT 3 GREENを搭載した場合でも、2時間を超えるフライトができるので、広範囲を一気に測量する際には大きな力となる。

「GLOW.H」は、エンジンとバッテリーを搭載する“ハイブリッド”モデル。「TDOT 3 GREEN」を搭載した場合でも2時間を超える飛行が可能。燃料(混合ガソリン)を入れるだけで、飛行時間を追加できるのは測量現場での作業性に大きく貢献する
ブースにはプレゼンテーションスペースが併設され、協力会社によるプレゼンテーションが行われた。また、各種ソリューションの紹介ブースも設置
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.