ニュース
» 2022年06月29日 08時00分 公開

ドローンやAIを用いた工事進捗管理ソリューション開発の協業検討を開始ドローン

EARTHBRAINは、屋内型の建設現場における自律飛行型ドローンやAIを用いた工事進捗管理ソリューション開発において、クオリカとの協業に関する検討を開始した。同ソリューションは、ドローンの撮影データにより工事進捗を自動管理できるものとなる。

[BUILT]

 EARTHBRAINは2022年5月20日、トンネル工事など屋内型の建設現場における自律飛行型ドローンやAI(人工知能)を用いた工事進捗管理ソリューション開発において、クオリカとの協業に関する検討を開始したと発表した。

 同ソリューションは、自律飛行型ドローンを用いてトンネル内の映像を撮影し、工事資材や作業の進捗、トンネルの作業場所を自動で検知して解析するもの。撮影データにより、自動で工事進捗を管理できる。

 EARTHBRAINの建設業界向けIoT(モノのインターネット)オープンプラットフォーム「ランドログプラットフォーム」とクオリカのAI機能を組み合わせることで、現場から離れた場所でも進捗状況を確認できるものとなる。

 クオリカは、2021年夏よりトンネル工事現場およびトンネル実験設備にて実験を進めており、2022年度中にランドログプラットフォームを用いた実証実験を開始する予定としている。2023年春の商用化を目標とする。

開発予定ソリューションのイメージ 開発予定ソリューションのイメージ 出典:EARTHBRAINプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.