ニュース
» 2022年04月15日 08時00分 公開

クモノスとRidge-i、3D点群モデリング事業で業務提携点群

クモノスコーポレーションとRidge-iは、3D点群モデリング事業での業務提携を開始した。共同サービスの第1弾としては、街並みや空間、建物をスキャンしてコンピュータ上に再現する「Virtual Visit」を提供する。

[BUILT]

 クモノスコーポレーションとRidge-iは2022年3月17日、3D点群モデリング事業での業務提携を開始したと発表した。

 クモノスコーポレーションが有する3D計測技術や知見と、Ridge-iが有するAI(人工知能)技術を組み合わせることで、メタバースのベースとなる3D点群データをさまざまな業界に向けて提供する。

 共同サービスの第1弾としては、街並みや空間、建物をスキャンしてコンピュータ上に再現する「Virtual Visit」を提供する。VR(仮想現実)、AR(拡張現実)での活用や、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)における図面生成といった用途に適する。

2社共同ソリューション「Virtual Visit」のイメージ 2社共同ソリューション「Virtual Visit」のイメージ 出典:クモノスコーポレーションプレスリリース

 3Dデータの取得から生成、可視化に至るまで、用途に合わせた方法を提案可能。データのサービスへの応用にも対応する。データ取得費用は90万円(税別)以上となっている。

サービスの流れ サービスの流れ 出典:クモノスコーポレーションプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.