ニュース
» 2021年11月22日 08時00分 公開

日本一の高さの送電鉄塔でドローン活用し送電線点検の実証実験ドローン

DJI JAPAN、エネルギア・コミュニケーションズは、DJIの最新型業務用ドローン「Matrice 300 RTK」、ズームカメラ「Zenmuse H20T」、解析ソフトウェア「DJI Terra」を活用し、日本一高い送電鉄塔がある大三島支線の海峡横断部の送電線点検の実証実験を実施した。

[BUILT]

 DJI JAPAN、エネルギア・コミュニケーションズは、中国電力ネットワークの協力で、DJIの最新型業務用ドローン「Matrice 300 RTK」、ズームカメラ「Zenmuse H20T」および解析ソフトウェア「DJI Terra」を活用し、大三島支線の海峡横断部における送電線点検の実証実験を実施した。

Matrice 300 RTK Matrice 300 RTK 出典:DJI JAPANプレスリリース

 従来、送電線の外観点検は、ヘリコプターからの目視やカメラによる撮影と、地上や鉄塔からの作業員による直接目視で実施されており、コスト面や即時性、そして作業員の経験に頼るなどの課題があった。これらの課題解決のため、同実証実験ではDJI製ドローンによる送電線点検の有効性を判断する事を目的とし、高い有効性が実証された。

 同実証実験では、マニュアル操作ではなくMatrice M300 RTKの自動飛行機能を使い、直径35ミリメートルの送電線の点検を1.2キロメートルの水平距離にて実施した。事前に鉄塔および送電線の構造物の形状と位置の点群データを取得し、Zenmuse H20Tで外観撮影を行い、DJI Terraで正確な3Dモデル点群を生成した。これを基に任意の離隔を保つ飛行航路とカメラ撮影設定を盛り込んだ自動飛行プログラムを作成し、自動飛行を実行した。

 Matrice M300 RTKの自動飛行による撮影は、従来の方法から作業時間が大幅に短縮され、撮影データは最大23倍光学ズームと有効画素数2000万画素のカメラにより撮影された高精細な映像記録が取得できたという。また、撮影データはリアルタイムで確認できるので、問題が疑われる箇所発見後の再撮影が即座に行えるとしている。

 安全面においては、海峡横断部における強風に対してもMatrice M300 RTKが安定して飛行できることを確認したということだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.