調査リポート
» 2022年02月04日 09時00分 公開

BIMの世界市場は2026年に160憶米ドルに到達と予測、グローバルインフォメーションBIM

グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「BIMの世界市場(2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・市場機会」を2021年11月17日に発売した。今回の調査レポートでは、BIMの世界市場は、2021年から2026年にかけて年率14.5%で成長し、2026年には136億米ドルに達すると予測している。

[BUILT]

 グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「BIMの世界市場(2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・市場機会」の販売を2021年11月17日に販売開始した。

急速な都市化と人口の増加に伴い、世界各地で建設活動が活発化し需要がアップ

 今回の調査レポートによれば、BIMの世界市場は、2020年に60億米ドルに達した。さらに、市場は2021年から2026年にかけて年率14.5%で成長し、2026年には136億米ドルに達すると予測している。

コロナ禍が収束後、市場は順調に伸長する見込み 出典:グローバルインフォメーションプレスリリース

 具体的には、急速な都市化と人口の増加に伴い、世界各地で建設活動が活発化しており、インフラのプロジェクトも増え、BIMソリューションの販売にプラスの影響を与えている。加えて、CADシステムや紙ベースの設計・モデリングといった既存のツールと比較して、BIMには多くの利点があるため、建設業に関連するさまざまな企業で採用が伸長している。

 例えば、BIMは、全てのコンポーネントや構造物を含む正確で精密な仮想モデルの作成を容易に実現する他、リモートサーバでのデータ管理やユーザー間の相互調整を可能とする。

 また、建設業の生産性向上、IoTニーズの高まり、政府によるBIMの使用に関する厳しい規制などの要因も、市場の成長を後押ししている。しかし、新型コロナウイルス感染症の感染拡大、各国のロックダウン、それに伴う世界各地での建設プロジェクトの停止などが、BIMソフトウェアの売上減少に影響を与えているが、コロナ禍が収束すれば、再び市場は順調に伸長する見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.