ニュース
» 2021年10月26日 13時00分 公開

感染リスクを評価して換気方法の改善案も提案する「magickiri Planning」、“柏の葉スマートシティー”に導入withコロナ

三井不動産と、落合陽一氏が共同代表を務めるピクシーダストテクノロジーズは、公・民・学の連携による次世代スマートシティーを目指す柏の葉スマートシティーの商業施設で、エアロゾル感染リスクを評価し、換気方法や店内レイアウトの改善案も立案するソリューション「magickiri Planning」を導入した。

[BUILT]

 三井不動産とピクシーダストテクノロジーズは、新型コロナウイルス感染症対策として、三井不動産が開発を進める柏の葉スマートシティーエリアの複数施設で、ピクシーダストテクノロジーズ独自の感染症対策BCPソリューション「magickiri Planning(マジキリ プランニング)」を導入したと2021年10月1日に公表した。

 magickiri Planningの導入施設は、柏の葉スマートシティーの「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」と「柏の葉かけだし横丁」で、エアロゾル感染リスクを評価するmagickiri Planningを採用し、各施設の空間で感染リスクを可視化するとともに改善施策の検討を行った。とくに、飲食店舗が20店舗存在する柏の葉かけだし横丁では、店舗を標準化し、「柏の葉かけだし横丁モデル」として改善レイアウトを検討した。

改善施策を実施したテナントには認定証の発行も予定

 改善施策は、magickiri Planningを通じて、各施設内のエアロゾル感染リスクを評価した後に立案。各施設で既に実施されている接触感染対策や飛沫感染対策に加え、エアロゾル感染にも考慮した対策を実装することで、より安全性の高い空間・環境を構築することにつながっている。

科学的エビデンスに基づくリスク評価と、シミュレーションによる改善レイアウトの提案 出典:三井不動産、ピクシーダストテクノロジーズプレスリリース
認定書に記載するロゴマーク 出典:三井不動産、ピクシーダストテクノロジーズプレスリリース

 今回の取り組みのなかでは、ピクシーダストテクノロジーズ初の試みとして、改善施策の実装などの必要な条件を充足した施設に対して認定証を発行する予定。認定証は、当該施設が感染を広げないための適切な対策を実装していることを示し、認定証を施設の入り口などに掲示し、利用者に対してより高い安全対策を実施していることを可視化することが可能になる。

 新型コロナウイルスの感染ルートには、接触感染、飛沫感染、そしてエアロゾル感染が指摘されている。接触感染や飛沫感染の対策に加えて、世界保健機関(WHO)、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)などが公表している通り、エアロゾル感染は、感染ルートの主たる経路の1つとして、対策を講じることが重要とされている。

 magickiri Planningは、こうした社会的背景を踏まえ、2020年11月より提供を開始したエアロゾル感染に対する新たな解決策をご提案するサービス。北里大学医学部 武藤剛氏(千葉大学予防医学センター併任)と連携をして、過去のクラスタ事例を基に感染症リスク度の判断基準を策定し、それに基づく科学的見地からのリスク評価を実施。さらに、感染リスクを抑えるために、換気口や排気口、座席や間仕切りの配置や換気設備などの改善策も提案している。

かけだし横丁の店舗におけるリスク評価と改善案の一例 出典:三井不動産、ピクシーダストテクノロジーズプレスリリース

 三井不動産とピクシーダストテクノロジーズは、magickiri Planningによる空気の流れの可視化、感染症安全性の評価、改善策の立案、認定証の発行という一連の取り組みを通じて、安全安心に過ごせる環境を整備していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.