ニュース
» 2021年09月08日 07時00分 公開

冷媒の漏えい検知・フレア加工不要・消費電力7%削減の新型エアコン、ダイキン工業製品動向(3/3 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

長年の使用によるニオイ成分の蓄積を抑制

 清潔アルミフィンは、室内機内部の熱交換器に耐食性や親水性の高い3層コーティングを施したもので、従来の親水被膜コーティング材と比べ、空調機のドレン水に含まれるニオイ成分が被膜内部に侵入しにくい樹脂被膜を採用している。これにより長年の使用によるニオイ成分の蓄積を抑制し、室内機内部の清潔性を高めた。

「清潔アルミフィン」の構造 提供:ダイキン工業

 また、新型のプレフィルターには抗菌と防カビの作用がある抗菌・防カビフィルターを標準採用し、フィルターに蓄積されるカビや菌の成長を抑えている。抗菌・防カビフィルターは、ウイルスや菌を吸着して不活性化させる別売品の「チタンアパタイトフィルター」と組み合わせて使用することで室内空気の清浄度をアップする。

抗菌・防カビフィルターの設置イメージ 提供:ダイキン工業

コロナで導入が進む個室向けのエアコン

 machi マルチシリーズの新型には、新型コロナウイルス感染症により飲食店やオフィスで導入が進む個室にも対応した容量である冷房定格能力1.6キロワットの室内機をラインアップする。machi マルチシリーズの小容量室内機はシングルフロータイプと壁掛けタイプを用意。使用する室外機は、サイズがコンパクトで、重さは80キロと従来品と比較し43キロの軽量化を達成しており、狭小な場所にも配置でき、2人での搬入も可能なため、少人数で取り付けられる。

machi マルチシリーズの小容量タイプのエアコンの概要 提供:ダイキン工業

 「従来業務用の室内機は、最小容量が2.2キロワットまでしかなく、小部屋に設置された場合も、能力が過大となり室内温度が変化しやすくなってしまう課題があった。解決策として、小容量タイプのmachi マルチシリーズを開発した」(堀氏)。

machi マルチシリーズの小容量タイプのエアコンの室外機 提供:ダイキン工業
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.