ニュース
» 2021年05月25日 07時00分 公開

空調機のDX化を実現するクラウドサービス、遠隔監視・制御・更新・IoT機器連携に対応製品動向(1/3 ページ)

ダイキン工業は2021年6月1日にクラウド型空調コントロールサービス「DK CONNECT」を発売する。DK CONNECTは、インターネットに接続する空調機のコントロールと運転のデータを送受信するネットワーク端末「DK CONNECT edge」と専用クラウドから成るもので、専用クラウドは空調機100万台の同時接続とユーザー数30万人を想定して開発された。

[遠藤和宏,BUILT]

 近年、国内の企業では、収束の見通しが立たないコロナ禍で、従業員が健康に過ごせる環境の整備や脱炭素社会の実現に向けたCo2削減の取り組みが求められている。こういった状況を踏まえて、ダイキン工業は、空調設備の効率的な運用と快適なオフィス環境の構築に貢献する「オールコネクテッド戦略」を策定し、新戦略の中核となるクラウド型空調コントロールサービス「DK CONNECT(ディーケーコネクト)」を開発した。

 ダイキン工業が2021年5月19日にオンラインで開催した記者発表会で、同社 常務執行役員 空調営業本部長 舩田聡氏と空調生産本部 ITデバイス開発エクゼクティブリーダー 主席技師 橋本雅文氏はオールコネクテッド戦略の全貌やDK CONNECTの開発経緯および中身を説明した。

将来的には全空調機器をインターネットにつながるコネクテッドタイプに

 現在、国内の業務用空調市場では、業務用パッケージエアコンの出荷台数が年間85万台程度で推移しており、うち8割以上は更新需要で、今後も上昇が期待される更新のニーズを確保し続けるために、保守サービスの提供などで顧客と接点を持ち続けることが重要となっている。しかし、これまでダイキン工業では、パッケージエアコンの納入は営業部が担当し、サービス部が顧客に保守サービスを提案するという手法により、保守サービスの契約率が伸びず、販売後に顧客と関わりを持ち続けることが難しかった。

ダイキン工業の業務用パッケージエアコンの出荷台数とこれまでのビジネスモデル 出典:ダイキン工業

 そこで、オールコネクテッド戦略では、提案、設計、施工、試運転、運用、保守・メンテナンス、改修、更新といった空調バリューチェーンで、営業部とサービス部が連携し、多様な工程のデータに基づき、保守サービスと製品を提案することで契約数と導入数を拡大する他、顧客視点での製品開発に生かす。

空調バリューチェーンのイメージ 出典:ダイキン工業

 さらに、継続的な機能アップデートときめ細かな対応で顧客満足度を上げるとともに、得られたデータを活用し製品の新たな売り方に挑戦する。

ダイキン工業 常務執行役員 空調営業本部長 舩田聡氏 出典:ダイキン工業

 ダイキン工業 常務執行役員 空調営業本部長 舩田聡氏は、「当社では、新たな売り方を実現するデータを取得するために、インターネットにつながり各種センサーでさまざまな情報を収集するコネクテッドタイプのパッケージエアコンや空調設備のラインアップを拡充する。具体的には、2025年までに新規販売の50%以上をコネクテッドタイプの製品とし、将来的には全製品をコネクテッドタイプとする。まずは、当社の得意領域であるビル用マルチエアコンでコネクテッドタイプを増やすとともに、さまざまなIoT機器と接続し、多くのデータを集めて、接続機能の高度化を進める」と語った。

 続けて、「コネクテッドタイプの空調機器は、空調バリューチェーンのプロセスでも有効だ。例えば、保守では、“空調機器で省エネを図りたいがどのようにしたらいいか分からない”というユーザーに対し、建物内に設置されたコネクテッドタイプエアコンが発信する運用データを当社のスタッフが確認した上で、エアコンを遠隔で最適に制御し省エネ運現できる」と利点を話す。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.