ニュース
» 2021年09月03日 07時00分 公開

出来形計測データの改ざんを不可能にするブロックチェーンを開発、実用化の研究を開始ICT

東京大学大学院工学系研究科は、2018年10月に設立した「i-Constructionシステム学寄付講座」による活動の一環として、清水建設と共同で、「ブロックチェーンを活用した出来形情報管理システム」を開発した。

[BUILT]

 清水建設は、東京大学大学院工学系研究科と共同で、建設生産プロセスの合理化を目的に共同開発した「ブロックチェーンを活用した出来形情報管理システム」の実用化に向けた研究開発に着手したことを2021年7月26日に発表した。

ブロックチェーン上のハッシュ値と比較することで改ざんの有無を確認可能

 建設業界では、施工現場でのICT活用を推進しており、受注者が現場で収集する出来形計測のデータを発注者が監督・検査に活用するために、技術基準類の整備が進められている。出来形計測のデータは、出来形検査の根拠となるデータとして直接使えれば、実地検査の省略など、工程の合理化を図れるが、そのためには計測データの信頼性を確保する仕組みを構築しなければならないといった課題があった。

 上記の問題を解消するために、清水建設と東京大学大学院工学系研究科は、書面確認のみで出来形検査の信頼性を確保するプラットフォームとしてブロックチェーンを活用した出来形情報管理システムを開発した。

「ブロックチェーンを活用した出来形情報管理システム」の概念図 出典:清水建設プレスリリース

 ブロックチェーンを活用した出来形情報管理システムは、保存した情報に耐改ざん性を付与できるブロックチェーン上に、施工現場で収集した出来形計測データを格納することで、当該データの信頼性を確保する。このシステムを発注者の出来形検査に展開することで、受注者が提出した検査帳票における根拠データの改ざんをシステム上で検証可能となり、検査プロセスの合理化を果たせる。

 システムの基盤となるのは、ブロックチェーンやデータストレージ、入力値のハッシュ値生成プログラムで、出来形計測データをシステムに保存すると、入力データにリンクしたハッシュ値が生成され、ブロックチェーンに記録される。さらに、ブロックチェーン上の情報は、改ざんが不可能なため、検査時に対象データのハッシュ値を再取得し、ブロックチェーン上のハッシュ値と比較することで改ざんの有無を確かめられる。

 システムの実用化に向けた研究開発の第1弾として、清水建設と東京大学大学院工学系研究科は、ICT活用が増えている土工事の出来形検査を対象にしたシステムを構築し、2021年11月に実現場での試行を開始する。

 加えて、土工事の出来形確認に利用する点群情報の信頼性を確保するシステムの構築に取り組み、点群情報と設計情報から施工誤差を判定するための解析・閲覧技術も新たに開発し、建設生産プロセスの生産性向上につなげていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.