ニュース
» 2021年05月30日 06時00分 公開

五洋建設が香港大の新築工事を303億円で受注、香港を海外事業の重要市場に海外プロジェクト

五洋建設は、海外事業の重要エリアと位置付ける香港で、香港大学の研究実験棟とITビルを約303億円で受注し、2024年の竣工に向けて計画を進めている。

[BUILT]

 五洋建設は、香港大学(The University of Hong Kong)から、生体分子工学や生体医療工学などの研究実験棟(Section A,B)と情報データを集約するITビルディング(Section C)の新築工事を2021年3月、日本円換算にして約303億円で受注した。現在は、合計3棟の新築工事計画を2024年の完成を目指して進めている。

完成予想図。正面に研究実験棟(左からSection A、Section B)、背面にITビルディング(Section C/パースなし) 出典:五洋建設、香港大学

 香港大学は1911年に設立された香港最古の高等教育機関で、医学部、工学部、文学部、法学部、理学部、歯学部などを有する世界的に知名度の高い総合大学。アジアのグローバル大学として多様な学生と高度な専門性を持つ職員を擁し、世界各地の大学や教育機関との広大な学術ネットワークを保持している。

 教育関連施設の計画地は、香港特別行政区 香港島 ポクフーラム地区にある観光スポットとして知られる山・ヴィクトリアピークの傾斜地となるため、難易度の高い施工を伴うとされる。施工者の選定では、五洋建設が1986年に香港島に進出して以来、35年にわたる施工実績と施工計画提案が高く評価され、今回の受注に至った。

計画地 出典:五洋建設、香港大学

 計画では、地下4階・地上9階建てRC造の研究実験棟(Section A)、地上9階建てRC造の研究実験棟(Section B)、地上8階建てRC造のITビルディング(Section C)をそれぞれ建設。総延べ床面積は約4万5000平方メートルを見込む。

 五洋建設は近年、ヴィクトリアハーバーを横断する香港鉄路新線用の沈埋トンネル建設、香港国際空港第3滑走路の地盤改良や香港政府の合同庁舎、データセンター、医療施設などの施工を手掛けている。また、2009年度に施行された新教育制度(大学3年制から4年制への変更など)を受けた校舎の新築や建て替え需要を背景に、香港中文大学総合校舎、チュンカンオー職業訓練学校、国際厨芸学院など、教育関連施設のプロジェクトにも携わってきた。今後も、香港を海外事業の重要マーケットとみなし、積極的な営業展開を継続していく方針を打ち出している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.