ニュース
» 2021年04月20日 13時00分 公開

埼玉県戸田市で延べ8.6万m2の物流施設が竣工、特別高圧電力での電力供給に対応プロジェクト

ESRが埼玉県戸田市で開発を進めていた「ESR 戸田ディストリビューションセンター」が2020年9月30日に竣工した。ESR 戸田ディストリビューションセンターは、総合物流企業のナカノ商会が全棟の賃貸借契約を同年8月23日に締結し、2020年10月1日に入居している。

[BUILT]

 ESRは、埼玉県戸田市で開発を進めていた「ESR 戸田ディストリビューションセンター」が2020年9月30日に竣工したことを2020年10月9日に発表した。

スタッフの熱中症リスクを可視化する「ESR 環境モニタリングシステム」も搭載

 ESR 戸田ディストリビューションセンターは、S造・耐震構造の地上4階建てで、延べ床面積は8万6950平方メートル。所在地は埼玉県戸田市新曽南4-3-76で、敷地面積は4万746平方メートル。用途地域は工業地域。企画設計・マスタープラン・基本計画はESRが担当し、設計・施工は塩浜工業が担った。工期は2019年8月1日〜9月30日。

「ESR 戸田ディストリビューションセンター」 出典:ESR

 同施設は、埼玉県南部に位置し、首都高速5号池袋線「戸田南インターチェンジ(IC)」から2キロ、東京都外環自動車道「戸田西IC」から4キロの場所にあり、東京都心や関東圏への交通利便性に優れている。

 また、JR埼京線「戸田公園駅」からバスで3番目の停車ポイントにあり、徒歩通勤も可能で、隣接する埼玉県のさいたま市や川越市などから人材を確保することができる。敷地内には、通勤に役立つ普通乗用車向け駐社場169台と駐輪場96台も設置した。さらに、コンビニエンスストアと商業施設も近くにあり、従業員が買い物しやすい環境が整っている。スタッフの熱中症リスクを可視化する「ESR 環境モニタリングシステム」を施設内に備えており、従業員の健康管理をサポートしている。

ESR 戸田ディストリビューションセンターの4階の倉庫(左)と車路(右) 出典:ESR

 建物は、1階から2階まで直接車で上がれるスロープ式で、車路は中路車路方式を採用しており、雨天・降雪時でも影響を受けずに荷卸しなどのオペレーションが行える。トラックバースは1階と2階の合計で52台に及び、敷地内には20台のトラック待機場を配置した。倉庫の柱スパンは11.25×10.6メートルなため、庫内で作業がしやすいレイアウトを構築可能だ。

「ESR 戸田ディストリビューションセンター」のトラックバース・倉庫の1〜3階(左)と事務所(右) 出典:ESR

 加えて、特別高圧電力での電力供給に応じており、ロボティクスや冷蔵冷凍庫、ハイスペックなシステムの導入にも対応している。

 BCP対策として、ESRのプロパティマネジメントチームによる管理体制も整備した他、非常用発電機を屋内に取り付けた。

 環境負荷に関して、ESR 戸田ディストリビューションセンターは、建築環境・省エネルギー機構が推進する「CASBEE-ウェルネスオフィス」でAランク評価を取得している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.