ニュース
» 2021年04月07日 13時00分 公開

伊藤忠都市開発らが三重県桑名市で延べ9万m2の物流施設開発に着手プロジェクト

伊藤忠都市開発と伊藤忠商事は、三重県桑名市で、土地所有者の矢作建設工業との間で用地取得の売買契約を締結し、物流施設「(仮称)アイミッションズパーク桑名」の開発に着手した。

[BUILT]

 伊藤忠都市開発と伊藤忠商事は、三重県桑名市で、物流施設「(仮称)アイミッションズパーク桑名」の開発に着手したことを2021年1月28日に発表した。

 アイミッションズパーク桑名は、S造地上4階建てで、延べ床面積は9万378.25平方メートル。所在地は三重県桑名市多度町で、敷地面積は6万7873.24平方メートル。設計・施工は矢作建設工業が担当し、2022年4月に着工して、2023年5月に竣工する予定だ。

物流施設「(仮称)アイミッションズパーク桑名」の外観イメージ 出典:伊藤忠都市開発

 同施設は、全国でホームセンター事業を展開するカインズの専用物流施設となる見通し。カインズは、今回の施設を「西のマザーセンター」とし、中部エリアにある店舗への配送機能と、海外荷物の保管施設機能を整備する。さらにロボット設備の導入で、物流作業の自動化も検討している。

 建設地は、桑名市が地理的優位性を生かした産業誘導ゾーンとして位置付けた多度地区南部エリアにあり、東名阪自動車道「桑名インターチェンジ(IC)」から約7.5キロの距離で、「桑名東IC」からは約7キロに位置し、全国への広域配送や名古屋中心地への輸送の拠点として期待されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.