ニュース
» 2021年04月09日 07時00分 公開

SPIDERPLUSが「Rebro」と連携強化、CADから配管情報と通り芯を読み込み可能に製品動向(2/2 ページ)

[遠藤和宏,BUILT]
前のページへ 1|2       

上場後は東南アジアの日系企業をターゲットにSPIDERPLUSを展開

スパイダープラス 代表取締役 CEO 伊藤謙自氏

 東証マザーズへの上場に関して、2021年4月7日に都内で開かれた記者発表会で、スパイダープラス 代表取締役 CEO 伊藤謙自氏は、「今回、当社が上場した理由には、SPIDERPLUSの採用実績が順調に増えていることと、優れたITエンジニアが働きたいと思えるきっかけ作りがある」と語った。

 続けて、「採用実績について、SPIDERPLUSは2020年12月時点で、約800社に導入されており、使用継続率は99%を超える。SPIDERPLUSのアカウントを20個以上保有する企業で解約した会社は無く、利用者は3万8000人を超過している。上場後は、東南アジアの日系企業をターゲットにSPIDERPLUSを展開し、将来的にはアジア市場でも販売していく方針だ。また、2021年中には、SPIDERPLUSのUI/UXを大幅に刷新する大規模リニューアルを行う」と展望を明かした。

スパイダープラス導入の推移
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.