ニュース
» 2020年11月26日 06時00分 公開

オープンBIMを成功に導く、BIM人材の育成手法とBIMモデルの更新Building Together Japan 2020(3/3 ページ)

[川本鉄馬,BUILT]
前のページへ 1|2|3       

必要な時に、必要な部分だけ詳細度を上げる

 山崎氏がBIMモデルを更新し続ける必要性を訴えるのは、更新によってBIMモデルの正確性を維持するためだ。

BIMモデルを活用するには、最新の状態に維持する必要がある

 BIMモデルは、設計や施工が進むと詳細度が増し、“LOD”の数値が上がっていく。BIMモデルをベースに作業を行う方法では、この詳細度が高いほど、精度の高い情報が得られると考えられがちだ。しかし、全体的にBIMモデルのLODを上げると、モデル自体が重くなり過ぎて使えないという事態が発生する。山崎氏は、「単純に詳細度を上げるのではなく、必要な時にだけ必要な分だけLODを高めることで、モデル容量を抑え、業務を平常化することが大切だ」とする。

 また、「BIMモデルを成長させていくことが重要」とし、変更内容をモデルに随時反映させための体制づくりの必要性を説いた。海外では、モデル内で躯体図や平面詳細図を作成し、変更内容をその都度反映する「As-Build」という概念が普及しているが、日本ではまだ一般化していない。そのため、「FM領域にまで生かせるBIMモデル活用に、業界全体で改善しながら取り組まなければならない」と山崎氏は提言し、講演を終えた。

竹中工務店 生産本部 生産BIM推進グループ リーダー 山崎裕昭氏
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.