ニュース
» 2020年04月02日 10時00分 公開

西松建設が覆工コンクリートの打込み自動化システムをトンネル工事に適用 山岳トンネル工事

西松建設は、覆工コンクリートの打込み作業を自動化する「コンクリート配管切替システム」(エレファントノズル自動配管システム)を開発し、福島県のトンネル工事に適用した。

[BUILT]

 西松建設は、岐阜工業とともに、覆工コンクリートの打込み作業を省人化し、自動化施工にも対応した「コンクリート配管切替システム」(エレファントノズル自動配管システム)を実用化させた。新システムは、覆工コンクリートの自動化施工技術を担うソリューションの一つとして位置付けられている。

コンクリート圧送配管の切替えをタブレット上で遠隔操作

 コンクリート配管切替システムは、山岳トンネル工事での覆工コンクリートの打込み作業で、コンクリート圧送配管の切替えをタブレット端末を用いた遠隔操作で制御する。

コンクリート配管切替システム(エレファントノズル自動配管システム) 出典:西松建設
タブレット端末からの遠隔制御 出典:西松建設

 セントル(移動式型枠)の型枠面に取り付けたコンクリートの打ち上がり高さを検知するセンサーやコンクリートポンプとも連動。コンクリートが所定の高さまで打ち上がると、ポンプからの輸送を停止し、配管を自動で切り替え、次のブロックへコンクリートを打ち込むまでを自動化する。

 これにより、従来の履行コンクリートの打ちこみのように人の手で配管を切り替える必要が無くなり、自走式マニピュレータが所定の配管孔まで移動して自動接続し、即コンクリートを圧送するため、労力の軽減だけでなく、安全かつ効率化が図れる。同時に、配管の切り替えに伴うコンクリート打込み作業の中断を最小限に抑えられるため、打ち重ね時間が短縮され、施工品質が向上する。

 新システムは、既に西松建設が福島県内で施工している国道294号(仮称)五郎窪トンネル工事の「自動化セントル」に搭載されたという。

システム概略図 出典:西松建設

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.