調査リポート
» 2020年03月24日 13時00分 公開

産業動向:建設技術者の新規求人倍率は“57カ月ぶり”に前年割れ、70歳定年制のアンケート結果も (2/2)

[BUILT]
前のページへ 1|2       

新規求人数は、6万5149人で大幅に減少

 雇用関連の月次データでは、2020年1月の建設業就業者数は459万人(前年同月比97.0%)で減少となった。一方、公共職業安定所(ハローワーク)の新規求人数は、6万5149人(前年同月比88.1%)と大幅に減少した。

 厚生労働省では、「2020年1月から求人票の記載項目が拡充され、一部に求人の提出を見送る動きがあったことから、求人数の減少を通じて有効求人倍率・新規求人倍率の低下に影響していることに留意が必要 」としているが、ヒューマンタッチ総研は2月以降についても、新型コロナウィルスの影響などが懸念材料としてあり、今後の求人動向を注視するとしている。

建設業における就業者数と雇用者数の推移 出典:総務省「労働力調査」よりヒューマンタッチ総研が作成
建設業の新規求人数の推移(新規学卒者とパートを除く) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成

 建築・土木・測量技術者(常用・除くパート)の有効求人倍率は、前年同月比で0.04ポイント上昇して6.86倍。有効求人倍率は56 カ月連続で前年同月を上回ったが、上昇率はわずかにとどまった。有効求人数は、前年同月比98.2%と48カ月ぶりに前年同月を下回り、建設業各社の求人意欲の低下が心配される。

 また、有効求人倍率の先行指標となる新規求人倍率を見ると、前年同月比0.69ポイント低下して7.85倍。新規求人倍率が前年同月を下回るのは、2015年4月以来の57カ月ぶりで、建設技術者の需給動向についても、注意を払わなければならないとコメントしている。

建築・土木・測量技術者を対象にした雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成
建築・土木・測量技術者を対象にした雇用関連指標の対前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成

 建設・採掘の職業 (常用・除くパート) の有効求人倍率は、前年同月比で0.08ポイント上昇して5.57倍だった。57カ月連続で前年同月を上回ったが、上昇率はわずかだった。

建設・採掘の職業を対象にした雇用関連指標の推移(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成
建設・採掘の職業を対象にした雇用関連指標の前年同月比(常用・除くパート) 出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」よりヒューマンタッチ総研が作成
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.