調査リポート
» 2020年03月24日 13時00分 公開

産業動向:建設技術者の新規求人倍率は“57カ月ぶり”に前年割れ、70歳定年制のアンケート結果も (1/2)

ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2020年3月分のマンスリーレポートを公表した。今回のトピックスでは、2020年1月にヒューマンタッチが実施した「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」を紹介している。

[BUILT]

 ヒューマンタッチが運営するヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた「ヒューマンタッチ総研〜Monthly Report 2020年3月」のマンスリーレポートをリリースした。今回は、独自に行った「建設技術者の仕事への満足度と転職意識に関するアンケート調査」についてもまとめている。

■70歳定年制を「歓迎する」は36.6%、「歓迎できない」を16.8ポイント上回る

 アンケート結果をみると、「70歳定年制についてどのように感じますか」という質問に対して、「歓迎する」と回答した人は36.6%で、「歓迎できない」の19.8%を16.8ポイント上回った(図表1)。全体としては、70歳定年制について肯定的に考える建設技術者が多いと言えそうだが、「どちらともいえない」が43.7%に達していることから、態度を決めかねている人も少なくないことに注意する必要がある。

【図表1 70歳定年制についてどのように感じますか(全体平均)】 出典:ヒューマンタッチ総研

■70歳定年制歓迎は、50歳代で51.9%、20歳代は16.7%

 年齢層別に「歓迎する」と回答した人の比率では、最も比率が高いのは50歳代の51.9%で、半数が70歳定年制を肯定的に受け取っていることが判明した(図表2)。一方、20歳代では16.7%、30歳代では25.8%となり、若い世代ほど肯定的に受け取っている人が少ないという結果になった。

【図表2 「歓迎する」と回答した人の比率 (年齢層別)】 出典:ヒューマンタッチ総研

■約3割が「定年後も今の会社で働きたい」

 「定年後どのような働き方をしたいですか」という質問に対する回答として最も多かったのは、「今の会社で働き続ける」の29.0%で、次いで「転職して違う会社で働く」の21.5%となった(図表3)。

【図表3 定年後どのような働き方をしたいですか】 出典:ヒューマンタッチ総研

<調査の概要>


 調査時期:2020年1月

 調査対象:ヒューマンタッチに登録している建設技術者

 調査手法:インターネットによるアンケート調査

 アンケート回収数:411人


関連する記事:


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.