ニュース
» 2019年11月18日 08時00分 公開

ICTモデル現場:ICT/IoT技術を集結したモデル現場を設置

東急建設は、さまざまなICT/IoT技術を導入した同社初となるICTモデル現場を設置した。現場は、千葉県船橋市の建設現場「(仮称)船橋市立塚田第二小学校・放課後ルーム新築工事」だ。

[BUILT]

 東急建設は2019年10月31日、さまざまなICT/IoT技術を導入した同社初となるICTモデル現場を設置し、成果の実証を行っていると発表した。現場は、千葉県船橋市の建設現場「(仮称)船橋市立塚田第二小学校・放課後ルーム新築工事」だ。社員が現場見学のできるショーケースの役割も担っている。

photo ICTモデル現場 イメージ図 出典:東急建設
photo 建設現場におけるICT活用の様子 配筋検査システム 出典:東急建設

 タブレットなどによる配筋検査システム、安全管理・工事の進捗確認のためのドローン、作業員や近隣住民向けのデジタルサイネージなど、これまで個別に導入・検証してきた各種先端技術を総合的に活用し連携することで、働き方改革や生産性向上、安全・品質の管理を同時に実現することを目指している。建設現場だけでなくテレワーク対応遠隔操作自走ロボットや議事録自動作成システムなど、オフィス業務にも導入した。

photo 建設現場におけるICT活用の様子 ドローン 出典:東急建設
photo 建設現場におけるICT活用の様子 デジタルサイネージ 出典:東急建設

 なお東急建設は、NTTドコモとの協業により「建設現場IoTプラットプラットフォーム」の活用を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.