ニュース
» 2019年07月10日 05時47分 公開

プロジェクト:“天神ビッグバン”大名小跡地の再開発が着工、九州初「リッツ・カールトン」出店 (2/2)

[石原忍,BUILT]
前のページへ 1|2       

施工は清水建設、鴻池組、積和建設九州

 コミュニティー棟には、広場に面した1階に、公民館、老人いこいの家、公民館と一体利用可能な多目的空間(ギャラリーを含む)、地下1階には消防分団車庫も設置する。2階以上は、コワーキングスペースやシェアオフィス、定員50人の保育施設、機械室、レジデンスなどで各階を構成している。

 敷地中央の広場は、約3000平方メートルの広いスペースを確保し、イベントホールと連携して憩いやにぎわいを創出し、災害時の防災拠点としての利用も考慮した防災設備を設置する。

 全体の工期は、準備工事が2019年7月8日の着工で、本体工事は同年12月に着手する。その後、先行して公共施設の供用を2021年10月から開始し、全ての施設の供用開始は2022年12月。

 事業主は、積水ハウスら5社による大名プロジェクトSPCで、設計は久米設計と醇建築まちづくり研究所、施工は清水建設、鴻池組、積和建設九州が担当する。施設の維持管理と運営は西日本鉄道、三菱地所、積和管理九州が行い、土地の所有者は福岡市となっている。

広場東側からオフィス棟を望む(左)、広場西側からイベントホールを望む(右) 出典:積水ハウス
明治通りからの近景 出典:積水ハウス
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.