ニュース
» 2019年06月07日 06時06分 公開

現場管理:戸田建設と村田製作所のヘルメット型“安全管理システム”が開発完了、販売をスタート

戸田建設と村田製作所は、ヘルメットに装着可能なセンサーデバイスで作業者の生体情報と周囲の環境情報を計測し、現場管理者が作業者の体調管理を遠隔から確認てきるシステムの開発が完了し、販売をスタートさせた。

[石原忍,BUILT]

 戸田建設と村田製作所は、2018年8月より改良を進めてきた建設作業者の生体情報や周囲環境をヘルメットに取り付けたセンサーデバイスでリアルタイムに監視する「作業者安全モニタリングシステム」を共同開発し、販売を開始した。

作業者の熱ストレスを分析し、アラート通知

 システムは、センサー技術とIoTを活用し、作業者の生体情報と作業環境をリアルタイムに計測して、クラウド上で解析。脈拍、活動量、温度、湿度などのデータから熱ストレスがある場合と判定した場合はアラートが現場管理者などに送信され、作業員の安全管理に役立つ。

「作業者安全モニタリングシステム」の機能 出典:村田製作所
現場監督者に送られるアラートメールの例 出典:戸田建設

 システムは、ヘルメット型のセンサーデバイス、920MHzの免許を必要としない特殊無線で受け取ったデータを集約しクラウドに送るゲートウェイ、センサーデバイスのデータを中継する中継器、独自のアルゴリズムで解析するクラウドで構成。

 このうちセンサーデバイスは、市販ヘルメットの内バンドに装着する生体情報測定部と、ヘルメット後部に装着する外部環境の測定部から成る。イスラエルElfi-Tech製のソフトウェアと村田製作所のセンサー設計と応用技術を組み合わせた生体情報測定では、脈拍や活動量(加速度)、一方の外部環境では温度、湿度を測る。収集したデータを解析するクラウド上の判定アルゴリズムは、村田製作所、戸田建設、豊橋技術科学大学の共同研究で開発した。

システム概要 出典:戸田建設
センサーデバイス(右:外部環境情報測定部、左:生体情報測定部) 出典:戸田建設

 システムは既に戸田建設の施工現場で実証し、測定部の位置や小型化などの改良を重ね、作業者が違和感なく装着できるセンサーデバイスとして完成した。通信環境も、2万平方メートルの敷地と10階建ての現場でスムーズな稼働が確認され、直近の2019年5月には200人規模の建設現場で本格稼働がスタートしている。

 導入にあたっては、センサーデバイスを含めたハードウェア費用とクラウドサービスの利用料がかかる。流れとしては、事前に村田製作所のスタッフが、現地でトライアル導入セットを使用して検知対象範囲や電波環境の測定などを行った後に、導入費用の見積もりを提示する。

 これまでにも両社は、クラウドの利用環境を整え、アラートを出すロジックの改善やセンサーデバイスの作業者への貸し出し、登録、返却、ゲートウェイとのペアリングといった一連の利用しやすさを改善させてきた。そのため、本格導入前にヒアリングや使用環境を確認して、ユーザーそれぞれの課題に合った提案をするとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.