ニュース
» 2024年02月05日 19時00分 公開

静岡県を“丸ごとスキャン”した3次元点群データで、メタバース空間「Metaverse SHIZUOKA」を構築メタバース

リプロネクストは、静岡県が県土を丸ごとスキャンした3次元点群データ「VIRTUAL SHIZUOKA」をもとに、メタバース空間「Metaverse SHIZUOKA」を構築した。県の交通基盤部 建設政策課 未来まちづくり室では、身体的/物理的な制約を超えた県の広聴活動や広報活動を行う、県内外の人々との交流拠点と位置付けている。

[BUILT]

 xRの開発事業を行うリプロネクストは2024年1月23日、静岡県を丸ごとスキャンした3次元点群データの「VIRTUAL SHIZUOKA(ヴァーチャル シズオカ)」を活用し、静岡県内8つのエリアを簡単に訪問できるメタバース空間「Metaverse SHIZUOKA(メタバース シズオカ)」を公開したと発表した。

身体的/物理的な制約を越えたメタバースの交流拠点として県のPRに活用

Metaverse SHIZUOKAのイメージ Metaverse SHIZUOKAのイメージ ※画像クリックで「Metaverse SHIZUOKA」へ 出典:リプロネクストプレスリリース

 静岡県ではこれまで、タウンミーティングや知事広聴などの意見交換会を通じて、県民の声を県政に反映してきた。しかし、体力的/身体的な制約からそういった場に参加が困難な方も多く、働き盛りの若年層も、忙しさや移動時間などの物理的な理由から意見交換会などへの参加ハードルが高い。

 そこで、PCやスマートフォンから静岡の仮想空間に集い、気軽に意見交換や交流ができるメタバースを活用した新たな拠点として、Metaverse SHIZUOKAを整備するに至った。

 メタバースとは、インターネット上に作られた3DCGの仮想空間。リアルに近い体験やリアルでは体験できない全く新しい体験を、インターネット上で疑似的に味わえる。複数人でアクセスすれば、同じ仮想空間内に集い、交流し、発信する場としての機能も果たす。Metaverse SHIZUOKAは、PCやスマートフォンからブラウザで簡単にアクセスできるので、静岡県内・さらには県外、海外から、ワンクリックで同じ空間に参加できる。

 メタバース空間は、合計8つの空間から成り、楽しみ方や操作方法などを紹介しているエントランス「FUJINOKUNI Entrance」を入り口に、西部/中部/東部/伊豆半島の県各地域局上空に位置するPRエリア、意見交換会の場となる「FUJI Sky Deck」「Izu Geo Field」、県外や海外に向けた発信を行う「FUJINOKUNI Square(ふじのくに広場)」で構成している。

Metaverse SHIZUOKAの8つの空間 Metaverse SHIZUOKAの8つの空間 出典:リプロネクストプレスリリース
「Izu Geo Field」のイメージ 「Izu Geo Field」のイメージ 出典:リプロネクストプレスリリース

 Metaverse SHIZUOKAは今後、身体的/物理的な制約を越えた交流拠点として静岡県の広聴活動(意見交換会、タウンミーティング、知事広聴など)、広報活動(観光や移住促進の情報発信)に活用される予定だ。

Metaverse SHIZUOKA内のFUJI Sky Deck(富士山 意見交換会ルーム)イメージ Metaverse SHIZUOKA内のFUJI Sky Deck(富士山 意見交換会ルーム)イメージ 出典:リプロネクストプレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.