ニュース
» 2023年07月13日 08時00分 公開

中央電力、蓄電池活用によるビルのBCP対策強化プロジェクトを始動BCP

中央電力が「蓄電池活用によるビルのBCP対策強化プロジェクト」を始動する。プロジェクトに加わるビルオーナーや管理者、ビルのテナントなどは、初期費用無料かつ業務負担なしでBCP対策の強化を図れるものとなっている。

[BUILT]

 中央電力は2023年6月14日、「蓄電池活用によるビルのBCP対策強化プロジェクト」を始動すると発表した。同プロジェクトへの参画を希望するビルオーナーや管理者を募る。

 同プロジェクトでは、同社がビルに蓄電池を提供して制御するほか、電力も供給する。プロジェクトに加わるビルオーナーや管理者、ビルのテナントなどは、初期費用無料かつ業務負担なしでBCP対策の強化を図ることができる。

 非常時電源用の電気を充電した蓄電池が、災害による停電発生時に放電。給水ポンプ、エレベーターといったビル共有部やサーバ、空調、通信機器、電灯などのテナント専有部に電気を供給する。

 蓄電池制御に掛かるサービス料金は、ビルの規模などの条件によって異なる。同社から供給する電力に掛かる電気料金は、地域電力会社と同水準に設定した。

 平常時に蓄電池に貯めた電気のうち、一定割合をビルの非常時電源用に確保し、残りをアグリゲーションビジネス(I複数の蓄電池システムを統合して制御し、経済効果が出るように充放電を管理するビジネス)に活用する。災害などによる停電発生時には、貯蓄した電気の全量を非常時電源に供給する。

「蓄電池活用によるビルのBCP対策強化プロジェクト」のイメージ 「蓄電池活用によるビルのBCP対策強化プロジェクト」のイメージ 出典:中央電力プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.