ニュース
» 2023年04月12日 08時00分 公開

安藤ハザマ、建築物のLCAを見積書から自動計算する支援システムFM

安藤ハザマは、温室効果ガスなどの環境影響物質を建築工事の見積書から自動計算する仕組み、LCA支援システムを開発した。

[BUILT]

 安藤ハザマは、温室効果ガスなどの環境影響物質を建築工事の見積書から自動計算する仕組み、LCA(ライフサイクルアセスメント)支援システムを開発した。

これまでの2つの課題を解決 これまでの2つの課題を解決 出典:安藤・間プレスリリース

 同システムは、建築工事の見積で利用した資材の内訳明細書をシステムにアップロードすると、LCA評価に必要な全項目にIDEAコードなどを自動で紐付け、修繕改修を含めたライフサイクル全体のLCA評価レポートを出力する。

ライフサイクル全体のLCA評価レポート ライフサイクル全体のLCA評価レポート 出典:安藤・間プレスリリース

 同システムで提供されるLCA算定数値は、サプライチェーン排出量の定量評価に貢献し、ステークホルダーとのコミュニケーションに活用できる。

 計画段階から建築物を公的な指標で算定し具体的な削減シナリオを分析でき、ベンダーからの建築物のカーボンニュートラル化要求に対し根拠に基づいた対応が可能になる。TCFD、CDP、SBTなどの情報開示の根拠データとして、プライム市場上場企業などに求められる情報開示にも活用できる。

ステークホルダーとのコミュニケーション ステークホルダーとのコミュニケーション 出典:安藤・間プレスリリース

 今後は、同社が開発を進めている「企画段階のボリューム設計を自動化するシステム」との連携も検討していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.