第4回 CSPI-EXPO
特集
» 2022年08月02日 18時18分 公開

電源を入れるだけ、遠隔で新人教育が可能なスマートグラス「SynchroAZ」第4回 建設・測量生産性向上展(2/2 ページ)

[川本鉄馬,BUILT]
前のページへ 1|2       

 SynchroAZは、電源ボタンを押すだけでビデオ通話が始まるので、誰にでもすぐに使える。操作はそれだけなので、事前の研修なども不要だ。稼働時間は本体の100ミリアンペアのバッテリーで40〜50分程度だが、市販のモバイルバッテリーにUSBタイプCで接続すれば、長時間使用にも耐える。解像度は映像で1280万画素、動画で4K/30fpsもしくは1080p/60fps。

 カメラ位置が目の前になるように配置されているのも特長だ。カメラの位置が絶妙なので、外部端末で見る映像がSynchroAZを装着している人の視界とほぼ同じになる。視界が同じだと、映像を見る際にも見落としがなく、的確な指示が出せるだろう。なお、メガネ使用者でもメガネの上から装着可能とのこと。

ヘルメットに取り付けることも可能で、メガネを使用している人にとってはこちらが便利かもしれない

 ちなみに、SynchroAZの画像や映像は、複数台のPCで同時に見ることにも対応している。プラントなどの維持管理など、専門分野が異なる複数の熟練技術者が同時に見れば、作業の安全性や正確性が高まる。

外部からカメラや映像の遠隔操作も可能

 SynchroAZは、外部から現場スタッフが装着しているSynchroAZに対しても操作ができる。外部操作の機能では、SynchroAZのディスプレイに対し、接続している外部のPCから文字や映像などを送って表示できる。作業が複数のステップに分かれているようなケースでは、その手順を表示しておけば正しい順番で作業が行える。従来のように現場で紙のマニュアルなどを見ながら作業するのに比べて、両手が使える状態で手順を確認できるのは作業効率の面でもメリットが大きい。

 また、SynchroAZの映像を録画したり、瞬間を撮影することも遠隔で可能だ。特に静止画の撮影では、スマートグラスの操作によって起きがちな手ブレを回避。外部から撮影すると、撮影のタイミングがカウントダウンされ、3秒後にシャッターが切れる。

 SynchroAZは、最低使用期間1年以上のレンタルとして提供。月ごとの料金は、30時間までが月額3万5000円で、30時間以上は1分あたり20円がかかる。利用に際しては、インターネット接続用のルーターが必要となり、モバイルルーター本体の貸し出しと通信費を含むWi-Fiルータープランも別途用意されている。

シンクロアイズの展示ブース。武井理社長自ら接客にあたっていた
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.