ニュース
» 2022年04月15日 07時00分 公開

大成建設が新型の放射式植物栽培ユニットを開発、栽培空間温度の均一化を実現導入事例

大成建設は、閉鎖型植物工場関連の栽培システムとして、放射式植物栽培ユニット「T-GreenVegeunit」を開発した。T-GreenVegeunitは、場所を選ばず取り付けられ、栽培設備の省エネルギー化と栽培空間温度の均一化により、植物の品質向上と高い生産効率を実現する。今後は、新設の植物工場だけでなく、空間の有効活用として既存倉庫や営業中のレストラン、ホテルロビー、廃校の再利用などに対して、T-GreenVegeunitの導入を提案していく。

[BUILT]

 大成建設は、閉鎖型植物工場関連の栽培システムとして、放射式植物栽培ユニット「T-GreenVegeunit」を開発したことを2022年4月6日に発表した。

従来のシステムより省エネルギー性能を20%高めらLED照明システムを採用

 従来の植物工場は、室内の温度変化を防ぎ栽培に適した環境を維持するため、建物の断熱工事と大型の空調設備による室内全体の温度調整が必要とされてきた。さらに、天井の高い空間に、栽培ユニットの棚段数を増やして設置した場合、室内全体で空調しても上層と下層の栽培棚で温度差が生じ、植物の成長にばらつきが出て品質管理の面で問題があった。

 そこで、大成建設は、各栽培棚に配置された養液の設定水温を制御し、各栽培棚の下面にあるLED照明部分に効率良く熱を伝える工夫を施すことで、棚の面全体から発生する熱放射を利用して、照明直下にある栽培棚の空間温度を個別に制御する植物栽培ユニットのT-GreenVegeunitを開発した。

従来型(左)と「T-GreenVegeunit」(右)の植物栽培ユニットの比較 出典:大成建設プレスリリース

 T-GreenVegeunitは、本体内に小型温度調節機器と養液タンクを備えることで、室内の大型空調工事や給排水配管などの接続が不要となり、ユニット単体で機能させることが可能なため、新設・既設を問わず、設置空間の規模に応じて、適切な配置で今回のユニットを取り付けて、植物を育てられる。

栽培ユニットの設置例 出典:大成建設プレスリリース

 さらに、T-GreenVegeunitで使用するLED照明では、これまでの蛍光灯方式と比べ消費エネルギーを64%削減した従来のシステムより省エネルギー性能を20%向上させた新システムを採用している。加えて、各栽培棚に熱放射を利用して空間温度を均一に制御するため、これまで行われていた栽培棚配置の高低による温度差を解消し、植物が成長する際のばらつきをなくす。

新開発したLED照明の省エネルギー性能 出典:大成建設プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.