ニュース
» 2022年03月29日 11時00分 公開

ボイラ内足場組み立ての課題解消、75%の省人化を実現する伸縮足場新工法

JFEエンジニアリングと日綜産業は、作業人員の75%削減と足場工事の2日短縮が実現し、作業員の技量に左右されずに均一の仕上がりで組める新型の伸縮足場「アンブレラ・デッキ」を開発した。

[BUILT]

 JFEエンジニアリングと日綜産業は2022年3月22日、新型伸縮足場「アンブレラ・デッキ」を開発したと発表した。

 新型足場は、建屋上部に設けた開口部から、小分けのパーツを内部に搬入して組み立て後、電動昇降させて使用するため、従来よりも安全かつ迅速に足場仮設が組めるようになる。

ボイラ内部の足場工事で75%の省人化と2日間の工期短縮

 現状でごみ焼却プラントなどのメンテナンス工事では、高所作業が多いために設備の内部に単管足場を仮設している。狭い空間で大人数が長いパイプなどを扱う仮設作業は、災害発生のリスクが高く、組んだ足場は作業員の技量により、仕上がりが均一とならず、安全性にバラつきがあった。また、組立や解体に長期間を要することも、施設の長期停止の一因だった。

新型伸縮足場「アンブレラ・デッキ」の構造 出典:JFEエンジニアリングプレスリリース

 こうした課題を解決するため、2社は国内初を謳う新型伸縮足場を開発。新型足場は、少人数かつ短期間で設置することが可能で、より安全に安心して使用することができる。アンブレラ・デッキを用いた実証試験では、従来8人で4日間を要していたボイラ内部の足場工事を4人2日で完了させ、75%の省人化と2日間の工期短縮を達成したという。

焼却施設のボイラ内設置状況 出典:JFEエンジニアリングプレスリリース

 ほかの導入メリットとしては、システム品の組み立て作業となるため、作業員の技量に左右されず、常に安全な足場を設置することが可能となる。フロアパネルの土台となる伸縮部は、横幅が広がるシザースリンク機構のため、多様なサイズに対応する。

横に伸縮するシザースリンク機構 出典:JFEエンジニアリングプレスリリース

 足場の主要部材はアルミで、軽量でありながら高い強度を保持する。連結部にはピン接続を採用しているため、廃材が生じないのも特徴となっている。積載重量は450キロ、足場自重は680キロ、上部架台重は300キロ。操作方法は押しボタンスイッチ式で、操作資格としてゴンドラ取り扱い特別教育が必要となる。

 現在は2022年度の製品化に向けて準備を進めており、今後はごみ焼却プラントをはじめ、各種ボイラ、サイロ・タンクなどの貯槽類、プラント機器・構造物の建設、メンテナンス現場へと用途を拡大していく。

日綜チャンねる「アンブレラデッキ」の解説動画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.