ニュース
» 2022年01月13日 15時00分 公開

竹中工務店らが新たな都市型水上交通の「自動運転船」を大阪城外堀で実証MaaS

近年、大都市臨海部は都市過密化により、交通や物流、環境、防災などの課題が複雑に絡み合っている。こうした課題に対して、竹中工務店を代表とする産学連携のロボットコンソーシアムでは、人・物の移動を支えるためには、都市部で有効活用されていない水域が重要な糸口になるとみなし、水上を自動走行する都市型自動運転船「海床ロボット」の開発を進めている。

[BUILT]

 竹中工務店を代表法人とする海床ロボットコンソーシアムは、都市型自動運転船「海床(うみどこ)ロボット」の実証実験を2021年12月15〜16日、大阪城公園の東外堀で実施した。

 海床ロボットは、海や運河、河川、湖沼などの水面に浮かべた3メートル四方の床が自動で動き、離着岸する自動運転船。

 開発の背景には、日本の都市は古くから川辺や海辺を中心に形成されてきたが、今では大都市の臨海部は過密化により、交通、物流、環境、防災などといった問題が山積みとなっていることがある。そのため海床ロボットコンソーシアムでは、都市部の有効活用されていない水域を対象に、都市型自動運転船を航行させることで、さまざまな都市課題を解決することを目標にしている。コンソーシアムのメンバーは、竹中工務店、東京海洋大学 海洋工学部 清水研究室、IHI、炎重工、水辺総研、新木場海床プロジェクト、ウォーター・スマート・レジリエンス研究協会。

海床ロボットのパース 出典:竹中工務店プレスリリース

 今回の実験では、海床ロボットコンソーシアムが開発する純国産制御システム搭載の「海床ロボット」を大阪・関西万博の会場となる夢洲内の水域に見立てて、大阪城公園の東外堀に浮かべ、新しい水上モビリティの可能性を検証した。

海床ロボットを大阪城公園の東外堀に浮かべた実証実験 出典:竹中工務店プレスリリース

 ロボットはタブレットのインタフェースで操作し、水上自動走行をテストしたほか、高い精度の位置制御を行い、桟橋への自動離着岸を行った。また、建築スタートアップのVUILDとセンティードの協力のもと、デジタルファブリケーションで、用途に応じて船の上屋の変更が可能な仕組みも確認した。

海床ロボットの自動離着岸 出典:竹中工務店プレスリリース
海床ロボットの水上自動走行 出典:竹中工務店プレスリリース

 海床ロボットコンソーシアムは2022年以降、運搬ドローン連動機能や複数ロボットの群管理の実験を目指し、運搬、環境、エンタテイメント、防災など用途に合わせた開発に着手するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.