ニュース
» 2021年11月15日 08時00分 公開

沖縄で無振動・無騒音の鋼管杭回転切削圧入工法「ジャイロプレス工法」導入事例

技研製作所の鋼管杭回転切削圧入工法「ジャイロプレス工法」が、沖縄県の小禄(おろく)道路、国道506号の道路擁壁で採用され、工事を完了した。静かに稼働し、周辺環境に優しく、オーガリーダーが不要だ。

[BUILT]

 技研製作所の鋼管杭回転切削圧入工法「ジャイロプレス工法」が、沖縄県の小禄(おろく)道路、国道506号の道路擁壁で採用され、工事が完了した。

 小禄道路は、那覇空港自動車道の那覇空港ICと豊見城・名嘉地ICの間の5.7キロメートルの区間。「交通渋滞緩和と、那覇空港へのアクセス向上による快適な都市交通」を目指しての整備が進んでいる。

 ジャイロプレス工法は、赤嶺トンネル(北側)工事の抗口手前に擁壁を構築する工事で採用され、鋼管杭回転切削圧入機「ジャイロバイラー」GRAL1015(SP6)で直径800ミリメートル、長さ8.0〜13.5メートルの鋼管杭を56本圧入した。このほか、硬質地盤対応型の杭圧入引抜機「サイレントバイラー」F301-C900で、900ミリメートル幅ハット形鋼矢板28枚、長さ4.5〜9.5メートルを圧入した。両区間を合わせて80.08メートル、うちジャイロプレス工法による区間は54.88メートルの擁壁となった。

工事の様子 工事の様子 提供:技研製作所Webサイト
工事範囲 工事範囲 提供:技研製作所Webサイト

 ジャイロプレス工法は振動や騒音が抑えられることに加えて、先端に切削爪を付けた鋼管杭で回転切削圧入することにより、掘削なしで硬質地盤を貫通できるため、高さ20メートルを超えるオーガリーダーが不要だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.