ニュース
» 2021年10月11日 15時00分 公開

京都・東山の「新道小学校」と「宮川町歌舞練場」の跡地でICT活用のホテルなど街づくり、隈研吾建築都市設計事務所が設計監修プロジェクト(1/2 ページ)

NTT都市開発は、京都市東山区小松町の新道小学校と宮川町歌舞練場の跡地で、宿泊施設、劇場、地域施設などの再開発計画を2025年夏ごろの開業に向け進めている。街の運営では、NTTグループのICTやデジタル基盤「街づくり DTC」も活用し、VRでの伝統文化の発信や地域コミュニティーの醸成につなげる。

[BUILT]

 NTT都市開発は、2021年9月7日付で京都市、新道自治連合会の3者で締結した覚書に基づき、京都市東山区小松町の新道小学校と宮川町歌舞練場の跡地で活用計画を進めている。

NTTグループのデジタル基盤「街づくり DTC」と連携

 プロジェクトでは、京都市、新道自治連合会、宮川町お茶屋組合と連携し、「花街文化の発展と新たな賑(にぎ)わいづくりを通して、地域のさらなる活性化と魅力ある街づくりに貢献する施設」を創出する。

 コンセプトは、“街の記憶の継承”と“新たな共存価値”の創造。新道エリアは、京都市立新道小学校と宮川町歌舞練場が共存し、地域の歴史と文化を守り続けてきた。新道小学校は、番組小学校として1869年(明治2年)に開校し、2011年の閉校まで地域の方々に愛されてきた。一方、宮川町歌舞練場は、特徴的な大屋根が宮川町を象徴し、花街文化継承の場として、地域住民に寄り添い続けてきた。そのため、再開発では、新道エリアの歴史ある街の記憶を後世に伝えるとともに、地域活性化の拠点として、新道地域と花街文化の一体的な街づくりを行う。

歴史・文化を共に支えてきた新道小学校と宮川町歌舞練場 出典:NTT都市開発プレスリリース
元京都市立新道しんみち小学校跡地活用計画の概要 出典:NTT都市開発プレスリリース

 具体的には、新道小学校跡地にホテルを新築して、小学校と共存してきた宮川町歌舞練場を建て替え、小学校の面影を一部継承した地域施設を新築し、3施設を新道通に沿って整備する。大和大路通、新道通、宮川町通の南北の通りに対して、東西に人の流れを生むように建物の配置やプランを計画し、新たな人の流れを生む回遊性を見込む。

国内外の多様なゲストを迎えるホテルエントランス 出典:NTT都市開発プレスリリース
地域のための活動拠点と安心・安全の防災拠点を創出 出典:NTT都市開発プレスリリース

 さらに、新しいホテルに世界中からゲストが訪れ、花街文化に触れ、地域施設では児童館と地域コミュニティーが一体となって活動をすることなど、国籍や年代を問わず、エリアに集う人々が集い、ともに響きあうことで、新しい価値を生み出す。

 施設の規模は、地下2階・地上4階建て宿泊施設の延べ床面積が約1万5529平方メートル(ホテル1万5311平方メートル、地域施設218平方メートル)、地下2階・地上3階建て歌舞練場は約5443平方メートル(歌舞練場4036平方メートル、地域施設1407平方メートル)。ホテルの客室数は89室の予定。竣工は2025年夏ごろの見通しで、現時点では、ホテル運営会社やホテルブランドはまだ決定していない。

京都市立新道しんみち小学校跡地活用計画の配置図 出典:NTT都市開発プレスリリース
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.