ニュース
» 2021年09月13日 17時00分 公開

寸法が違う荷物の出荷作業を自動化する搬送システムを大成建設が開発、導入費用を半減リテール&ロジスティクス

大成建設は、名港海運とともに、寸法の異なる荷物の荷揃えや搬送自動化する多品種荷姿搬送システムを開発し、名港海運西二区物流センター(南)に導入した。従来方式よりもコストをおよそ半分に抑え、省スペース化も実現する。

[BUILT]

 大成建設は、名港海運と共同で、工場や物流施設で寸法の異なる荷物の荷揃(にぞろ)えや搬送などの出荷作業を自動化する多品種荷姿搬送システムを開発したと2021年9月2日に公表した。

 新しい搬送システムは、フリーローラー下に配置された駆動モーター付搬送台車1台だけで寸法の異なる荷物を個々につかんで自動搬送するため、搬送設備の低コスト化が図れる。また、荷物寸法に応じて、荷物間のクリアランスを最小限にまで詰められることから、省スペース化も実現できる。

従来のコンベヤー方式に比べ、導入費用を半減

 工場や物流施設から荷物を出荷する際、従来、トラック積載前に車両の大きさや荷物の積込方向に合わせ、フォークリフトを用いて荷物を集めて搬送準備を行う荷揃え作業を実施しているのが一般的だった。しかし、生産労働人口の減少や高齢化が社会問題とされる中、物流業界でも人手不足が深刻な課題となっており、近年、工場では荷揃え作業を自動化する搬送設備の導入が進んできた。

 荷物を自動搬送する場合は通常、駆動モーター付コンベヤーを必要台数並べて対応してきたが、この方式では寸法の異なる荷物があると、それぞれの寸法に合わせたコンベヤーが必要となるため、搬送設備のコストが高くなっている。また、設備コストを抑制するため、最大寸法荷物の幅や全長に合わせてコンベヤーを製作すると、荷物間のクリアランスや余分なコンベヤーによる無駄なスペースが生じていた。

多品種荷姿搬送システムの導入事例(名港海運西二区物流センター(南)) 出典:大成建設プレスリリース

 そこで大成建設は、課題解決のため、従来のように荷物寸法ごとに搬送ラインを設置して運用するのではなく、搬送車両の大きさに合わせてどのラインからでも寸法の異なる荷物の出荷作業を自動化し、搬送設備もこれまでよりも低コストかつ省スペースで実現可能な多品種荷姿搬送システムを開発した。

 多品種荷姿搬送システムは、フリーローラー下に配置された駆動モーター付き搬送台車が荷物の寸法に合わせて荷物をつかみ、フリーローラー上を転がしながら搬送する仕組み。駆動モーター付搬送台車1台で、各搬送ラインの出荷作業を行えるため、従来のコンベヤー方式に比べて導入費用を約50%削減(重さ2.5トンの荷物を最大12個荷揃えする場合)する。

多品種荷姿搬送システムの仕組み。荷物を搬送台車がつかんでフリーローラー上を転がす 出典:大成建設プレスリリース
駆動モーター付搬送台車 出典:大成建設プレスリリース

 また、搬送台車の自動制御により、荷物間のクリアランスを最小限まで詰めることができるため、従来方式よりも荷揃え場所の省スペース化が可能となる。

従来技術による自動化例(コンベヤー方式) 出典:大成建設プレスリリース
今回の開発品による自動化例(多品種荷姿搬送システム) 出典:大成建設プレスリリース

 既には、名港海運西二区物流センター(南)に導入されており、今後は施設内での搬送システムの省人化・自動化を実現する技術の1つとして、寸法の異なる荷物を扱う工場や物流施設にも提案していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.